Ableton Link で MASCHINE 2 を簡単に同期させる

Author: sleepfreaks

異なるデバイス上のMASCHINEを連携させる

ableton_link

「Ableton Link」は異なるデバイス(PCやiPadなど)に立ち上げた音楽ソフトを簡単に連携することができる機能です。

下記のような実用例が考えられます。

  • iPad上のソフト音源をMASCHINEのテンポ、再生に連携させる
  • 複数のパソコンに立ち上げられたMASCHINEを一斉に連携させる
  • Ableton Liveを立ち上げてあるパソコンにMASCHINE連携させる

このようにデバイスを問わず音楽ソフトのテンポ、再生タイミングを同期させることができる画期的な規格となっており、ソフト間のレイテンシー(サウンド遅延)も気になりません。
そのためライブパフォーマンスにも活用できると感じました。

Ableton Linkを使用するための条件は2つ。

Net

  • Ableton Linkに対応している製品/アプリケーションということ
  • 各デバイスが同じネットワークを使用しているということ

使用するための敷居はかなり低いと言えます。
その一例を動画にしてみましたので、ご確認ください。

Ableton Live Link機能 動画解説

この動画ではAbleton LiveとMASCHINE 2を連携させる一例を解説しています。





MASCHINEのAbleton Link設定方法

設定方法は非常に簡単です。

Link

MASCHINE上部に配置された「LINK」をクリックするだけです。
画像は「2 LINK」と表示されていますが、これは他2つのデバイスと同期していることを表しています。

既にこの段階で再生タイミングとテンポ変更が同期しています。

打ち込んだフレーズを再生し、他デバイスの演奏に参加したり、リアルタイムでフレーズを演奏してセッションを楽しむことができます。

複数のパソコンにMASCHINEを立ち上げて使用トラックを分散することで、CPU負荷を抑えるという使用方法も考えられます。

MIxer

また、各デバイスをハードミキサーにまとめることで、サウンドを一斉にモニタリング、コントロールすることができます。

このような素晴らしい機能で、すぐに使用可能となっています。
ぜひお試しください!