ノート・シーンのコピーで作業を効率化する KORG Gadgetの使い方

Author: sleepfreaks

作業のスピードを上げるために欠かすことができない基本操作

Copy - Paste

DTMに限らずデータを簡単に複製できるというのは デジタル環境で作業を行う最大のメリットです。

ここでは作成したクリップやパターンを複製するコピーの解説を行なっていきます。
すぐに実践でき、作業効率が飛躍的にアップする項目となりますので、ここで必ずマスターしてください。

あらゆる場面でコピーを使用

KORG Gadget上で使用できるコピー項目を確認していきましょう。

クリップ内のノートをコピーする

Copy-Clip

クリップの小節数を増やした場合など、クリップ内のMIDIノートをコピーする方法です。
非常に使用頻度が高い操作です。

Song

コピーしたいノートを選択します。

Copy-1

空白を右クリックし「コピー」を選択します。
この段階では特に見た目に変化はありませんが、パソコンの中にコピー対象のノートが取り込まれています。

Paste

コピーしたい箇所を右クリックすると「ペースト」という項目が表示されます。
これを選択します。

Paste-2

指定した箇所に選択したノートがコピーされます。

シーンやその中のクリップをコピーする

楽曲構成を担当するシーン上でもコピーが使用できます。

Clip

クリップをコピー先へドラッグします。

Song-1

クリップが簡単に複製されます。

シーンを複製-1

シーンも複製可能です。
複製したいシーンを右クリックし「シーンを複製」を選択します。

複製

このような形です。

トラックやガジェットをコピーする

音源の状態やトラックのボリューム、エフェクトを複製することができます。

トラックを複製

複製したいトラックを右クリックし「トラックを複製」を選択します。

Copy-2

このように複製されます。

いかがでしたでしょうか?
それぞれ簡単な操作となりますが、作業を一気に効率化できます。

是非、制作に取り入れてみてください。