5_スピーカー/ヘッドホン iOSでの音楽制作

Author: sleepfreaks

<<4_MIDIキーボード iOSでの音楽制作 

iOSを活かした快適なモニタリングデバイス

音楽制作はもちろん、音楽を楽しむという意味でも、
サウンドの「モニタリング環境」はとても大切です。

iOSと相性が良いモニタリングは、やはりワイヤレスです。
Bluetooth対応のデバイスは非常に快適なモニター環境を与えてくれるでしょう。

bluetooth

※ワイヤレスのモニタリングデバイスは、音の遅れ(レイテンシー)が発生します。
そのため、リアルタイムレコーディングを行う際は有線接続をお勧めします。

イヤホン/ヘッドホン/スピーカー

Headphone

ワイヤレスのサウンドは音質が劣化してしまうのでは?
そう思われる方もいらっしゃると思います。

それはもう過去の話となっています。
現在のBluetooth対応製品は、極端に安価な製品を除き、
十分リスニングやモニタリングに耐えうる音質を誇っています。

実際に使用したオススメ製品をご紹介します。

EARIN ワイヤレスイヤホン

左右間にケーブルがなく、完全に独立している画期的なイヤホンです。
あまりにも快適な装着感は、イヤホンの革命とすら思えます。

音質面もとてもバランス良く作られており、リスニングには十分すぎるスペックです。
また、ケーブルの煩わしさがないため、ジョギングなどスポーツにも最適です。

  1. 製品ページへ

MDR-1ABT_B

ハイレゾに対応した高音質ヘッドホンです。
音域のバランスも非常に優れており、ミキシング作業も問題なく行えるレベルです。

今後、Bluetoothが進化してレイテンシーが解消されたならば、
レコーディング時のモニター用としても使用できると思います。

なお、オーディオケーブルも使用できるので、普通のヘッドホンとしても機能します。

  1. 製品ページへ

Bose

持ち運び可能な高品質ワイヤレススピーカーで、サイズは縦約6CM 横18CMと非常に小型です。

サウンドはこのサイズからは想像ができないほど迫力があり、リスニングや簡易なモニター環境としても使用できると感じます。

一台あれば、家中どこからでもiOSのサウンドを再生できます。

  1. 製品ページへ

iOSとの接続方法

設定

iOSの「設定」をタップします。

Bluetooth

Bluetoothを有効にすると、接続可能なワイヤレスデバイスが表示されます。
「未接続(初回はペアリング)」をタップすると接続されます。

AirPlay

下の画面外から上にスワイプすると、「コントロールセンター」が出てきます。
その中から「AirPlay」をタップし、サウンドを再生させるデバイスを選択します。
これで、ワイヤレスイヤホンやスピーカーから、音が聞こえてくるはずです。

製品のご購入