ワイヤレスMIDIキーボード KORG microKEY Air シリーズ

Author: sleepfreaks

ワイヤレスMIDIインターフェース mi.1>>

Bluetoothを使用した無線接続が可能

パソコンやタブレットで音楽制作を行う際に、活躍するのがMIDIキーボードです。

  • サンプラーやソフトシンセの音色を確認する
  • メロディやコードのイメージ具体化する
  • リアタイムレコーディングで素早く演奏を記録する

このような利点があるため、一製品は手元に置いておきたい機材です。
そこで、ご紹介したいのが「KORG microKEY Air」シリーズです。

KorgmicroKEY

bluetooth

製品の特徴はBluetoothによるワイヤレス接続が可能という点です。
複雑な設定を必要とせず、iPad/iPhone(iOS 8以上)/Mac(OS10.10以上)/と連携することができます。

※ WindowsはUSB接続時のみ動作します

鍵盤数は25・37・49・61と多様に用意されているので、用途に合わせて選択できるのも嬉しいです。

特に機動力の高いiOSデバイス(iPad/iPhone)と、
このようなワイヤレス製品の組み合わせは非常に相性が良いです。

それでは、KORG microKEY Airの設定方法を見ていきましょう。

KORG microKEY Air をワイヤレスで接続する

機器をワイヤレス接続するためには、単三電池が2本必要となります。
特に外で作業されることが多い場合は、不測の事態に備え予備を用意しておくと良いでしょう。

単三電池

製品側面に配置されているスイッチを「Wireless」へ変更します。

ワイヤレス

iOSに接続する場合

ワイヤレスの設定は、各アプリケーションで行います。

MIDIキーボードを使用したいアプリが、
「Apple Bluetooth Low Energy MIDI」に対応していることを確認します。

ここでは、「Cubasis」と「Garageband」を例に進めます。

  • GarageBandの場合

Garageband

詳細

上メニューの工具アイコンをタップし「詳細」を選択します。

バックグラウンドで実行

「バックグラウンドで実行」を「入」にし、「Bluetooth MIDIデバイス」をタップします。

接続

製品名が表示されるので、右の「接続」をタップします。
以上で設定は完了です。

  • Cubasisの場合

Cubasis

Cubasis-1

「Setup」→「MIDI」→「Host」の順にタップします。

ペアリング

製品名が表示されています。
右の「Not Connected」をタップし、「ペアリング」を選択します。

以上で設定は完了です。

MIDI REC

実際にリアルタイムレコーディングを行ってみましたが、
どちらのアプリでもレイテンシーをほとんど感じません。非常に快適です。

ワイヤレスをオフにする際は、製品側面に配置されているスイッチを「USB」へ変更します。
スイッチを変更したり、iOSを再起動する度に接続設定が必要となる点にご注意ください。

Macにワイヤレスで接続する場合

Audio MIDI 設定

アプリケーション → ユーティリティ → Audio MIDI設定 を開きます。
上メニューから「MIDIスタジオを表示」を選択します。

Bluetooth 構成
デバイスが表示されるので、右の「接続」をクリックします。
以上で設定は完了です。

DAW

DAW上の音源やスタンドアローン音源を演奏することができます。
こちらもレイテンシーを感じず、非常に快適なプレイを楽しむことができました。

Macを起動する度に、この接続設定が必要となる点にご注意ください。

KORG microKEY Air をUSBで接続する場合

USBケーブルを接続

USBで接続する場合は、Mac/Windowsどちらでも使用可能です。

製品に付属のケーブルを使用し、Mac/Windows本体のUSBポートに接続するだけ設定が完了します。
この際、電池は必要ありません。

各DAWのMIDIキーボード接続/設定方法

ワイヤレスMIDIインターフェース mi.1>>

<<iOSソフト/機材紹介カテゴリーに戻る>>