3_オーディオインターフェイス iOSでの音楽制作

Author: sleepfreaks

iOSで高音質なオーディオレコーディングを行うために

Audio

iPhone/iPadのiOSは内蔵マイクでも、声や楽器などのレコーディングを行うことができます。

しかし、録音対象以外のサウンドを拾ってしまったり、音質がイマイチ。。
もっと良いマイクでレコーディングしたい・・・

そのような要望も多いのではないでしょうか?

ここで活躍するのが「オーディオインターフェイス」です。
マイクや楽器とiPad/iPhoneを繋ぐ仲介役とお考えください。

ここではオーディオインターフェイスを使用したレコーディング方法を確認していきましょう。

オススメのマイク、ケーブル等は下記ページをご参照ください。

オススメめのオーディオインターフェイス

オーディオインターフェースを使えば、マイクや楽器の音を高音質に記録することができます。
オススメの製品は上の画像にも登場したこちら。

iXZ

  • iPhone/iPad/iPod touch/に対応
  • 小型で持ち運びも楽々
  • 価格も非常にリーズナブル
  • コンデンサーマイクや、ギターのライン録音も可能

このように様々なニーズをカバーすることができるため、
最初のオーディオインターフェイスとしては十分です。

iOSデバイスとの接続方法

接続も非常にシンプルです。

接続-1

コンデンサーマイクを使用する際は「PHANTOM」を「ON」にしないと、
全く音を拾わないので注意して下さい。

その際、単三電池2本が必要になります。(製品に同封されています)
コンデンサーマイクを使用しない場合は、「OFF」にしておきます。

単三電池

オーディオインターフェイスを使用する

Mic

当製品を使用するための設定は特にありません。
端子をデバイスへ接続した段階で、入力がオーディオインターフェイス経由に切り替わります。

製品のご購入