8 MIDIのリアルタイムレコーディング Cubasisの使い方

Author: sleepfreaks

鍵盤を弾いて演奏内容を記録する

Midi-Controller

楽器を呼び出した後は、実際に演奏してプレイをレコーディングしてみましょう。
MIDIキーボードを使用する、もしくは画面のキーボードをタップして演奏を記録します。

このように演奏内容をそのまま記録する方法を「リアルタイムレコーディング」と呼びます。

リアルタイムレコーディングの方法

レコーディング手順

  • 1_トラックのレコーディングボタンを点灯させます
  • 2_レコーディングの開始位置を指定します
  • 3_レコーディングボタンをタップすると開始されます

レコーディングが終了したら、再生ボタンをタップして停止させます。

レコーディング後

このようにレコーディングされました。

演奏を間違えた場合は?

演奏を消す

演奏内容をタップして選択し「ERASE」ボタンをタップすると削除されます。

レコーディング中にメトロノームを聞きたい

メトロノーム

メトロノームアイコンを点灯させておきます。
リズムのヨレが少なくなるのでおすすめです。

再生がいきなり始まるため上手く入ることができない

REC モード-1

「REC MODE」をタップして「COUNT」を点灯させます。
次回のレコーディングから2小節のカウントが入ります。