イベントの編集 Cubasisの使い方 iOS

Author: sleepfreaks

イベントを編集して楽曲を構築する

イベント

プロジェクトのタイムラインには、
ここまで打ち込んできたイベントが並んでいます。

まだ2小節しか打ち込んでいませんが、これらを編集することで、
楽曲の基礎を構築していくことができます。

今回はその手順を確認していきましょう。

イベント編集時の単位

スナップ

これから解説する「コピー/移動/カット」などの編集は、
スナップで指定した音符の長さを単位として行われます

画像では編集が「4分音符単位」で行われることを表しています。
音符単位にとらわれず細かな編集を行う場合は、スナップの値を「OFF」に設定します


イベントの編集

以下に、編集時に頻繁に使用する編集機能を列挙します。

イベントを移動する

移動前

移動するイベントを選択し、目的の小節位置へドラッグします。

移動後

指を離すと、移動する位置が確定されます。

イベントの長さを変更する

イベントの伸縮

イベントを選択し、左右下の角に配置されている正方形をドラッグします。 
任意の長さにイベントを伸縮させることができます。

イベントをコピーする

コピー

コピーするイベントを選択します。
この際、「SELECT」ツールを使用すると複数のイベントを選択することが可能です。

選択後に「COPY」をタップします。

コピー後-1

コピーしたい小節へ再生バーを移動し、「PASTE」をタップすると、コピーが完了します。

イベントを削除する

削除

削除するイベントを選択し、「ERASE」をタップします。

誤って削除してしまったイベントは「Undo機能」で簡単に復活させることができます。





イベントを結合する

複数のイベントを1つに結合することができます。まとめて編集したい場合等に使用します。

結合1

「SELECT」ツールを選択し、結合するイベントをドラッグで選択します。

結合2

「GLUE」ツールをタップするとイベントが結合されます。

イベントを分割する

結合とは逆に、一つのイベントを分割し、目的に合わせた細かな編集を行うことができます。

分割

分割するイベントを選択し、再生バーを分割ポイントへ合わせます。
その後に「SPLIT」をタップすると、イベントが分割されます。

イベントをミュートする

イベントをミュートすることで、その部分のみサウンドを鳴らさないことができます。

「削除」と似ていますが、イベント自体を残しておくことができるため、
簡単に復活させることが可能です。

ミュート

ミュートするイベントを選択し、「MUTE」をタップします。

イベントカラーがグレーに変化し、ミュート状態を表します。
ミュートされたイベントに再度同じ操作を行うことで、ミュートが解除されます。

製品のご購入