リズム素材を取り込む Cubasisの使い方 iOS

Author: sleepfreaks

MIDIドラムパターンを楽曲へ取り込む

前項では、オーディオ/MIDIトラックの概念を学習しました。

ここでは、まず打ち込みの手始めとして、
予め用意されているドラムパターンをプロジェクトへ取り込んでいく方法をご紹介します。

気に入ったパターンを選択するだけで、簡単に楽曲へドラムをつけることができるため、
リズムがわからないという方も安心してください。

ドラムパターンの取り込みにはMIDIトラックを使用しますので、
まず「MIDI」をタップしてトラックを作成します。

次に「MEDIA」をタップし「MIDI」へアクセスすると、

MIDIパターンの視聴

様々なドラムパターンが並んでいます。

再生アイコンをタップするとサウンドをプレビューすることができます。

パターンの配置

気に入ったパターンが見つかったら
パターン名を長押しし、色が変わった後にトラックのレーン部分へドラッグします。

このようにパターンが配置されます。

これを繰り返して、リズムを重ねることができますが、
トラックの原則は1つの楽器につき1トラックです。
違うパターンを重ねる場合は、新しいトラックを作成しパターンを取り込んでください。

パターンが入らない場合は??

オーディオトラックの場合

選択したMIDIパターンがトラックに入らないという場合は、
トラックの種類がオーディオトラックになっていないか?をご確認ください。

MIDI素材はMIDIトラックでしか扱うことができず、
逆にオーディオ素材をMIDIトラックで扱うことはできません。

次項では、配置したパターンを再生する方法について解説していきます。

製品のご購入