13 コード機能を使用する Cubasisの使い方

Author: sleepfreaks

和音を簡単に打ち込めるコード機能を搭載

音符

Cubasisには強力なコード演奏機能が備わっており、
登録したコードをタップ1つで演奏することができます。

この機能はリアルタイムレコーディングでも使用することができるため、
演奏が難しいコードも簡単に記録することができます。

コード機能は2つの画面と手順が用意されています。



1. キーボードウィンドウ

コード割り当て

コード機能を使用するトラックを選択し「KEYS」をタップします。
鍵盤の上部の番号をタップすると、予め登録されたコードが演奏されます。

ご自身の好みに合わせてコードをカスタマイズすることも可能です。

コードの登録

  • 1. 「e」ボタンをタップします
  • 2. コードを登録したい番号を選択します
  • 3. 現在登録されているコード構成音が表示されるので、鍵盤をタップして追加・削除します。

2. パッドウィンドウ

Pads

「Pads」をタップするとパッドモードに切り替わります。
このウィンドウからは16個のパッドにコードを割り当てることができます。

Reg-chord

  • 1. EDITアイコンをタップします
  • 2. コードを登録するパッドを選択します
  • 3. コードエディターから目的のコードを登録します

コードエディター

鍵盤からコードのルートを選択し、
中央の数字でオクターブ、その右でコードのタイプを選択します。

コード機能のレコーディング

レコーディング

レコーディング方法はとても簡単です。
通常通りリアルタイムレコーディングを開始し、登録したコードパッドを演奏するだけです。

とても簡単にコード演奏が行えるため、積極的に取り入れてみてください。

製品のご購入