2_ドラムの打ち込み_基本概念_GarageBand iOS

Author: sleepfreaks

GarageBand iOS動画



初心者でも簡単!!ドラム打ち込み

楽曲を作成した後は、早速楽曲作りを開始していきましょう。

多くのジャンルで重要な要素が「リズムトラック」です。

ある程度リズムを決めておくとフレーズやメロディーを作りやすくなりますので、
ここでは「ドラム」を打ち込んでいきます。

ドラム画面

前項で解説したように「ドラムトラック」を立ち上げます。

音色を決める

キット選択

まずはドラムの音色を決めてみましょう。

  • 1_キット選択アイコンをタップします
  • 2_表示されたキット達から好みのものを選択します

音色は後から変更することも可能です。
まずは「生ドラム/エレクトロ」をざっくりと決めておく感じでも良いと思います。

音色の視聴

キット選択後は赤囲みのキットをタップすることで、サウンドを試聴することができます。

使用する楽器を決める

楽器を決定

使用したい楽器をマトリクス「グリッド」へドラッグ&ドロップすることで、指定の楽器を演奏させることができます。

すぐに演奏が始まります。

自動演奏を止める

もし自動演奏を止めたい場合は、
赤囲み部分をタップし、電源アイコンを消灯させます。

再度タップすることで、再び演奏が開始されます。

使用したい楽器配置

このように使用したい楽器を配置しました。

楽器を戻す

もし特定楽器を演奏から除外する場合は、元の位置へ再びドラッグします。

とても簡単ですよね。
次回は選択した楽器を使用し、好みのドラムフレーズを作成していきます!!

Garage Band

製品のご購入