ドラム演奏を録音する GarageBand iOS 使い方

Author: sleepfreaks

作成したドラムを録音する

好みのパターン、テンポを決定した後は、それをレコーディングしてみましょう。
GarageBandはとても簡単にドラムパターンを記録することができます。

レコーディング方法

小節を決める

まず何小節間レコーディングするのか?これを決定します。
赤囲み部分の「+」をタップし、小節数を指定します。

ここでは4小節としました。

レコーディング

その後に「レコーディングボタン」をタップします。
するとレコーディングが開始され、指定したドラムパターンが記録されます。

レコーディング後-1

レコーディング後は赤囲み部分が「緑」となります。
これは何かしら演奏が記録されていることを表します。

録音中にパターンを変更する

レコーディング-1

録音中に各キットをドラッグすることで、パターンを変更することが可能です。

このようなレコーディング方法を「リアルタイムレコーディング」と呼びます。

演奏をやり直したい場合は??

取り消すボタン

「取り消すボタン」をタップします。
これによりレコーディング前の状態に戻ります。

もしくは

気にせずに上からレコーディングします。
以前の演奏が消去され新しい演奏と置き換わります。

次回はレコーディンを行った情報を編集し、新たな楽器を追加していきたいと思います。

Garage Band

製品のご購入