5_ステップ入力(打ち込み) GarageBandの使い方

Author: sleepfreaks

GarageBand _ 打ち込みの種類

「GarageBand」の打ち込みは大きく分けて2種類の方法があります。

  • 1_「ペンツールで音を書く様に打ち込む」ステップレコーディング
  • 2_「実際に鍵盤を弾いて打ち込む」リアルタイムレコーディング




打ち込みの入れ物を作成する

ペンツールを使用して音を打ち込むには
ます打ち込みたい範囲を指定する必要があります。

リージョンの作成

箱を作りたいトラックの小節に対して「Commandキー + クリック」を行ないます。
上記のような箱ができます。

この箱をGarageBandでは「リージョン」と呼びます。

そして作成した「リージョン」をダブルクリックすると

ピアノロールを表示

このように画面下に「ピアノロール」が表示されます。
これを使用し、打ち込みを進めていくこととなります。

また再度「リージョン」を「ダブルクリック」することで、
この「ピアノロール」を閉じることが可能です。

ピアノロール画面

ピアノロール

1_「鍵盤」

ピアノ鍵盤が縦に配置してあり、実際の鍵盤の音とリンクしています。
鍵盤をクリックすることで、その鍵盤に割り当てられている音を聴くことができます。

2_「タイムライン」

再生を行うと左から右へと時間、小節が進んでいきます。
その流れを視覚的に確認することができます。

3_「打ち込み部分」

この部分に音を打ち込んでいきます。
詳しくは次項でご説明させていただきます。