トランスポーズ(キーの変更) GarageBand 使い方

Author: sleepfreaks

トランスポーズとは?

楽曲のキーが「C」のものを「E」に変更するといった移調機能です。

「制作した楽曲がボーカリストのキーに合わない」「楽曲のイメージを変えたい」
といった場面に活躍します。

「オーディオ」「MIDI」問わず使用することができます 

トランスポーズの解説

※1’55秒〜2’25秒にて解説を行なっています 



GarageBandでのトランスポーズ適用方法

キーの変更

「トランスポーズ」を行いたいリージョンを選択し、「トランスポーズ」を変更するだけです。

「+1 」で元音から半音上がり、「-1」で元音から半音下がります 

「C」から「E」変更する場合は、
4半音上げるため「+4」に設定します。

※ドラムトラックは音程の概念がないため、「トランスポーズ」を使用しません 

リージョンごとにトランスポーズ設定が可能

トランスポーズ

リージョンごとに設定を行なえます。
分割は「Command + T」となります。

前項の「オーディオループ」もこの方法で音程を変更することができるため非常に重宝します。