4_トラックを作成する GarageBandの使い方

Author: sleepfreaks

GarageBand _ トラックの作成方法



楽曲を立ち上げて最初に必要となる作業が「トラック作成」です。

前記事で「テンプレート」から「空のプロジェクト」を選択したため、
現在はデフォルトのトラックが1つだけ存在する状態です。

トラックは「1トラックにつき1楽器」これが原則になります。

そのため別のトラックを追加しなくては、録音も打ち込みも行うことができません。

トラックの追加

赤囲み部分の「+」をクリックすることで
トラック作成メニューを表示することができます。

トラックの種類

トラックの種類

上記でトラックを追加する際に、トラックの選択を迫られます。
3種類からタイプを選ぶことができます。

「打ち込み(MIDI)」「オーディオ」「ドラム」です。

  • 打ち込み(MIDI) : GarageBand内の仮想楽器を使って演奏を行ないます。
    (ピアノ/ストリングスなど)
  • ここでは「ソフトウェア音源」となります

    MIDI

    画面上ではこのように棒状で表示されます。

  • オーディオ : 生楽器を演奏したり、歌を記録するためのトラックです。
  • ここでは「ボーカル用」「エレクトリックギター用」となります。

    Audio

    画面上ではこのように波形で表示されます。

  • Drummer : Ver10から追加されたドラム専用トラックです。
  • 簡単な操作で直感的にドラムパターンを作成することができます。

Drummer

画面上ではこのように黄色の波形で表示されます。
オーディオと似ていますので注意してください。


LogicでのDrummerの解説になります。
多くの部分が共通しているため、是非ご視聴ください。 

次に解説は「ソフトウェア音源」を使用した打ち込みを進めていきます。

ソフトウェア音源を使用する

上記の手順で「ソフトウェア音源」を作成します。
ここでは「ピアノ」を選択してみましょう。

Pianoの立ち上げ

  • 1_楽器を変更するトラックを選択する
  • 2_ライブラリアイコンを点灯させる
  • 3_目的の楽器を選択する

これで「ソフトウェア音源」が希望の楽器へ変わり、
打ち込みが行なえる状態となりました。