仕事を把握する_1 DTM音楽クリエイターの心得

Author: sleepfreaks

依頼を受ける際の注意点

初めて依頼された音楽の仕事。
嬉しくて、大きな一歩を踏み出したような感覚を得られるはずです。

大きな一歩

間違いなく、それは大きな一歩です。

高揚するテンションを抑えながらも、
依頼主が求めているものをしっかりと把握し、
作品に反映させるということが重要です。

修正は少ないほうが両者にとって合理的

特に陥りがちなのが、
「納得してもらうまで何度でもやります!!」と言ってしまうことです。

しかし、依頼主は少ない回数で決めてくれた方が嬉しいのです。

修正された作品を何度も聴かなくてはいけませんし、
修正指示も、極力出したくはないというのが本音です。

クリエイター側としてはギャラが同じなのに、修正で作業時間が多くなってしまう。
これは単純に時給を下げていることと同じになってしまいます。

時計

作業を早く終わらせられれば、遊びに行けますし、
次の仕事にとりかかることもできます。

やはりどう考えても、その方が良いです。

では、どうするか?

「依頼された作業について細かく把握する」 

これに尽きます。
ただそんなことを言われても困りますね(笑)

大丈夫です。
次項からそのポイントを記載していきます。

より多くのチャンスを掴んでいただくために

コンペへのご参加

Sleepfreaksはメジャーアーティスト案件を扱う音楽制作会社と提携しており、生徒様にもコンペへご参加いただいております。お住まいの地域を問わず、多くの生徒様がそのチャンスを掴み、
夢を実現されています。弊社レッスンにて磨いたスキルを、ぜひコンペにて発揮していただければと存じます。