納品_FTPサーバーやオンラインストレージ DTM音楽クリエイターの心得

Author: sleepfreaks

納品の方法に関して

作品をまとめた後は、依頼主へ納品することとなります。

多くの場合はメール添付が可能なサイズを上回ってしまうため、
別の方法で納品を行う必要があります。

この納品方法は大きく分けて2つの方法があります。

1_オンラインストレージ

インターネット上にファイルをアップロードし、
依頼主にダウンロードしていただくという方法です。

このサービスのことを「オンラインストレージ」と呼びます。

このサービスを提供している会社はいくつかありますが、
基本的にどのサービスも無料で使用することができます。

僕のお勧めは以下です。

ギガファイル

ギガファイル

会員登録を必要とせず、最大5GBまでの大容量ファイルを送信することができます。
音楽ファイルは容量が大きくなることが多いので、5GBというファイル容量はとても安心です。

URL : http://www.gigafile.nu/v3/

オンラインストレージの注意点

  • ダウンロード期限が設けられており、
    その期間を過ぎるとファイルがサーバーから削除されてしまいます
  • セキュリティを守る為、
    ファイルにパスワードを設定してください

ファイルのアップロード後に「URL」が生成されます。
このURLを依頼主にメールで伝えるという流れになります。

またパスワードをかけた場合はそれも併せて伝えます。
これにより依頼主は作品をダウンロードすることができます。



2_FTPサーバー

FTP

上記の「オンラインストレージ」に比べ、手順が複雑になりますが、
この「FTPサーバー」での納品は頻繁に使用されます。

FTPサーバーは依頼主(会社)のサーバーへ直接ファイルをアップロードする方法です。

このメリットとして

  • ファイル容量制限がない
  • ファイルの有効期限がない(過去のファイルにも簡単にアクセスすることが可能です)
  • ZIP圧縮の必要がない

などが挙げられます。

手順1_FTPソフトをダウンロードする

Mac (有料) : https://itunes.apple.com/jp/app/transmit/id403388562?mt=12

Windows :http://sourceforge.jp/projects/ffftp/

手順2_サーバー情報を入力する

ソフトを立ち上げ

依頼主より伝えられた「サーバー名」「ID_UserName」「Pass」を入力することで
サーバーへアクセスします。

手順3_ファイルをアップロードする

後はPCのフォルダと同じ感覚でできます。
「ドラッグ&ドロップ」でファイルのアップロードが可能です。

※サーバーによっては、ひらがな、カタカナ、漢字を使用すると文字化けをしてしまうことがあります。 
必ず依頼主や担当者に確認を行うようにしてください。

その他にも「CD」「DVD」などのメディアに記録しての納品がありますが、
その頻度は少ないと判断し、ここでは割愛させていただきます。

より多くのチャンスを掴んでいただくために

コンペへのご参加

Sleepfreaksはメジャーアーティスト案件を扱う音楽制作会社と提携しており、生徒様にもコンペへご参加いただいております。お住まいの地域を問わず、多くの生徒様がそのチャンスを掴み、
夢を実現されています。弊社レッスンにて磨いたスキルを、ぜひコンペにて発揮していただければと存じます。