はじめに DTM音楽クリエイターの心得

Author: sleepfreaks

音楽を仕事に変えるために

こんにちは。
スリープフリークス 金谷です。

講師金谷

現在、僕はスリープフリークスの代表取締役/講師として、
多くの生徒様へレッスンを行わせていただいています。

音楽スタイルはそれぞれ異なりますが、
常にご自身のスキルアップを目指している志の高い生徒様が多く、
僕自身とても勉強させていただいています。

生徒様の大多数は「音楽で生活をしていきたい」という方です。

最初は趣味でDTMを始めたが、気がつくと音楽制作に没頭し、
最終的にはサウンドクリエイターになっていたという例も多くあります。

様々なサウンドを模索することができるDTMと、
サウンドクリエイターという職業は非常に相性が良いのでしょう。

インターネットを使用することで、
首都圏に住まずとも仕事ができてしまう。これも利点の1つです。

そして何よりも、サウンドが形になっていく 

もちろん、それなりの苦悩もありますが(笑)
その工程の面白さは何にも代えがたいものです。



サウンドクリエイターの苦悩

クリエイター

「音楽制作を行って生活ができれば、どんなに楽しいことか。。」
と憧れるようになり、これが目標に変わってきます。

僕は今まで多くの生徒様に対して、
サウンドクリエイターになるためのお手伝いをさせていただきました。

大切なのは、サウンドクリエイターになることよりも、
「サウンドクリエイターになった後」ということです。

念願のサウンドクリエイターになった方から

  • なかなか仕事が来ない
  • コンペが通らない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 機材費と収入のバランスが成り立たない

このような話をよく耳にします。

もちろん、僕自身もサウンドクリエイターの経験がありますので、
その辺りの苦悩は知っています。

この苦悩段階で、想像と現実のギャップにショックを受けてしまい、
クリエイターを辞めてしまう方もいます。

サウンドクリエイターに大切なこと

しかし、その一方で、着実に仕事をこなし、
実績を伸ばしている方達もいます。

何が違うのか?

それは「仕事に対しての姿勢」 

音楽には何の関係もなさそうに思える方もいるかもしれませんが、とても大切です。

「スキルアップ」「仕事の円滑化」「有益な人脈の構築」 など

必要なものはこの姿勢に大きく関係します。

そして、これは現在サウンドクリエイターを目指している方にも全て共通します。

予め、サウンドクリエイターとして注意すべき点を知ることができることを考えれば
今後のお仕事を有利に進めることができます。

向上

作品のクオリティを高める方法は
作品を生み出す作り手の質を上げること、これに直結します。


サウンドクリエイターの心得について

なぜ僕がこのカテゴリーを書こうと思ったのか? 2点あります。

  • 1_スリープフリークスの生徒様を含め、
    これからサウンドクリエイターとして活躍していきたい方にとって、情報がとても少ないということ
  • 2_音楽で生活をすると考えた時点で、ビジネスとして考える必要があるということ

僕自身、スリープフリークスを始めた2009年までクリエイターを行っていましたが、

会社運営とレッスンを行うことを選びました。
教えることの方が好きだったという理由が強かったです。

このカテゴリーは、
僕がサウンドクリエイターを通して非常に大切と思い、実践してきた項目。

「コミュニケーション」「作業の効率化」「納品」「自己アピール」など
これらを中心に記載していきたいと思います。

中には当たり前のこともありますが、確認を含めお読みいただければ幸いです。

僕はスリープフリークスに関わっていただいた方が、
多くの人を喜ばせ感動させられるクリエイターになることを本当に期待しています。

これが弊社スリープフリークスの目的、理念であります。
そして、僕自身の原動力になっています。

スリープフリークス代表 金谷 樹

より多くのチャンスを掴んでいただくために

コンペへのご参加

Sleepfreaksはメジャーアーティスト案件を扱う音楽制作会社と提携しており、生徒様にもコンペへご参加いただいております。お住まいの地域を問わず、多くの生徒様がそのチャンスを掴み、
夢を実現されています。弊社レッスンにて磨いたスキルを、ぜひコンペにて発揮していただければと存じます。