コンペの流れ 楽曲募集〜採用まで 音楽コンペ 楽曲採用の近道

Author: sleepfreaks

一連の流れを把握してコンペに備える

Flow

前回は、コンペとは何か?ということについて触れました。

今回は、実際のコンペ参加〜結果までの流れはどのようなっているのか、
その基本フローを確認していきましょう。

1_クライアントから作家事務所へ

新しいシングル/アルバム用楽曲や、CM/ドラマ/映画/アニメ/テレビ番組用楽曲等の案件が発生すると、
レコード会社やプロダクション等、楽曲を使用する会社(クライアント)は
その案件を作家事務所へ伝えます。


Arr
2_作家事務所から各作家へ

作家事務所は、登録している作家やクリエイターに、案件で求められる楽曲の概要を伝えます。
(多くの場合、文面に残るメールで連絡を行います)

以下はコンペの際に、作家やクリエイターに送られるメールの一例です。
感じを掴んでいただければ幸いです。

件名 :「新人女性ソロシンガー(アーティスト名)」楽曲募集の件

作家各位

お疲れ様です。
下記の楽曲募集がありますので、ご確認ください。

================================

ソロ・シンガー楽曲募集
00所属 ヴォーカリスト 00のソロ・プロジェクトとした、
デビューシングルの楽曲を募集させていただきます。

「アーティスト楽曲概要」
・R&Bを基本とした楽曲です。
・AメロにはRAPパートを入れてください。
・COOLなイメージがピッタリです。
・アッパーな楽曲を求めています。バラード等は募集しておりません。

「参考楽曲」
参考1_アーティスト名 曲名  YoutubeURL
参考2_アーティスト名 曲名  YoutubeURL
参考3_アーティスト名 曲名  YoutubeURL

「下記にご注意ください」
・多少のメロディ修正が発生する場合がございます。
・ワンコーラスでご提出をお願い致します。
・必ず仮歌を入れた状態でご提出ください。
・楽曲が不採用の場合、ご連絡をさせていただくことはできません。

「納品形式」
mp3形式に変換し「タイトル_作曲者__BPM_」をご入力ください。

「納品形態」
リリース時期は2016年6月予定、
提出締切は2016年2月15日(月) 11:00となります。

何卒ご了承の上ご提供をお願いします。


Arr
3_コンペ応募、楽曲提出

上記のようなメールを受け取ったら、案件の内容や特徴を確認し、
「求められるジャンルに応えられるか」「納期までに提出可能か」等、
自分のスキルやスケジュールを勘案して、応募するかどうかを判断します。

応募する場合は、納期に向けて楽曲を制作することになります。

この際、作家はストック楽曲(過去にコンペに提出したことのある楽曲)
を使い回すこともありますが、案件によっては、使い回しが禁止されている場合があります。

後のトラブルリスクを回避するためにも、よく確認するようにして下さい。


Arr
4_作家事務所が楽曲をチェックし提出

各作家から提出された楽曲を、作家事務所がチェックします。
クライアントの要望とあまりにかけ離れた楽曲を提出すると、
事務所としても品質を疑われてしまうためです。

ここでのチェックは以下のようなポイントで行われます。

  • コンペの内容に合っているか?
  • クオリティはどうか?
  • 単純に良い曲か? など

チェック後に、クライアントへ提出されることとなります。


Arr
5_楽曲採用/不採用の通知

少し期間を開けて、作家事務所からコンペの結果が伝えられます。

楽曲が採用になった場合は、もちろん先方から連絡が来ますが、
不採用の場合、連絡自体をもらえないことも多々あります



楽曲不採用の判断は?


Tell

採用/不採用の連絡がない場合は、ある程度結果を自分で判断する必要がありますが、
その際は案件のスケジュールを目安にすると良いでしょう。

コンペ案件のメールに作品のリリース時期が記載されていますので、そこから逆算します。

多くの場合、遅くともリリース日の1ヶ月前にはマスタリングが終わっています。
そして、その1ヶ月前にはどの楽曲を使用するか?という判断をしています。

上記を合計すると、リリース日の2ヶ月前には結果が出ているはずです。

コンペのマナーはしっかり守る

Lock icon

コンペにもマナーが存在します。
トラブルの回避や、失礼がないよう最低限のマナーを確認しておきましょう。

提出している楽曲は結果が出るまで他で使い回さない

Select

同時期に複数のコンペに応募するということも出てきます。
ここで気をつけなくてはいけないのが、
同じ楽曲で異なるコンペに応募しないことです。

両案件とも決まってしまった場合にトラブルになりますし、
制作事務所やレコード会社との信頼関係に亀裂が入ってしまうリスクもあります。

提出中の楽曲をウェブ上で公開するというのもマナー違反
となります。必ずご注意ください。





コンペ情報の漏洩やSNSでの公開を避ける

Lock

コンペへ提出していることくらいなら問題ありませんが、
そのコンペ内容に触れることは御法度となります。

コンペに採用された場合、嬉しい気持ちはわかりますが、
情報の公開許可が出るまでは、第三者へ言わないようにしましょう。

大切な情報、機密事項が外部へ漏れることにより、
事務所やレコード会社が損害を受けるケースもあります。

最悪の場合、訴えられることもありますので、
必ず守るようにしてください。

締切を守る

Time

コンペの提出期限はもちろんですが、採用になった後のレスポンスにも注意が必要です。

メール返信で何日も待たせてしまったり、電話に出ないなど、
先方を待たせてしまわないように、注意しましょう。

レスポンスは可能な限り迅速に、ということが基本となります。



記事の協力 前川 敬(Kei Maekawa)

Grane

株式会社Grane(グラネ) 代表取締役
HP:http://grane-inc.com(作家を随時募集中です)

略歴:2005年より音楽業界にて作家マネジメントを担当し、2014年より独立。
現在まで多くの音楽作家の発掘・育成・マネジメントを行い、現在に至る。

マネジメントを担当した主な作家:
STY・HIRO・小田桐ゆうき・Carlos K.・若田部 誠・Hiroki Sagawa・鈴木まなかetc