MIDIクオンタイズ Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

タイミングを修正するクオンタイズ

リアルタイム録音したものをキーエディターで見てみましょう。

クオンタイズ前

MIDIノートが小節線と合ってません。
これはリアルタイムレコーディングの良い部分(機械的ではない)でもあるのですが、
ズレが気になってしまう。。

そんな時の修正機能として活躍するのが「クオンタイズ」です。
音のタイミングを修正し、「小節、拍」の頭に合わせてくれるという機能です。

クオンタイズの解説動画




製品のご購入

StudioOneでのクオンタイズ設定方法

クオンタイズ選択

タイミング修正を行いたいMIDIノートを選択し、
キーボード「Qキー」を押します。

クオンタイズ適用後

このように演奏タイミングが「拍」に合わせて修正されました。

クオンタイズの注意点

クオンタイズ基準値

クオンタイズはMIDIノートをどの位細かい拍に合わせるか?という設定を決める必要があります。
それが上記赤囲み部分です。
ここで音符の細かさを指定します。

基本はフレーズの中で一番細かい音符を指定します。

なぜそんなことが必要なのか??
例を見てみましょう。

クオンタイズ前_4分

このフレーズで一番細かい箇所は「16分音符」です。
これに対して「4分」のクオンタイズをかけてしまったら。

4分適用後

全ての音が一番近い4分音符の位置に移動してしまいます 
フレーズ自体変わってしまいます。

ここに注意して「クオンタイズ」を使いこなしてください。

ベロシティ、音の長さについて

実際に演奏する「リアルタイムレコーディング」では「ベロシティ」や「音の長さ」も一定ではありません。
しかし、これは人間が演奏する良い部分だったりします。

ですので気になるところを修正するくらいで、ピッタリと合わせる必要はありません。

MIDIクオンタイズの動画

※4’20〜5’16 秒にて解説を行なっています 

製品のご購入