ループレコーディングを行う Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

特定箇所を繰り返しレコーディングできる

ベストプレイが録れるまで、何度もレコーディングを行えるのがDTMの醍醐味です。
ただ、そのベストテイクに至るまで 「再生→失敗→停止→再生→失敗→停止」 では効率が悪く大変です。

そこで活用したいのが、この「ループレコーディング機能」です。

特定箇所を繰り返しレコーディングすることができるため
レコーディンの時間、手間を大きく削減することができます。

Logic 便利なレコーディング機能




ループレコーディングの解説



        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Logic X_ ループレコーディング使用方法

範囲を指定

ロケータからループレコーディングの範囲を選択し、サイクルをオンにします。
後は通常通りのレコーディングを行います。

「レコーディングの方法」

ロケータ指定箇所を繰り返しレコーディングし続けることができます。
気に入ったテイクが録れた後、停止させます。

全テイク

このように全てのテイクが録音されます。
停止後は最終テイク(ベストテイク)が優先的に表示、再生されます。

またループにて録音したテイクを組み合わせ1つのテイクを作成することができます。

「ループレコーディングからベストテイクを作成」

最終テイクのみを残す

上記のループレコーディングは全てのテイクを保存しますが、
作業用途により最終テイクのみ保存、表示させたい場合は

置き換える

トランスポートの「置き換えボタン」を点灯させレコーディングを行います。
これにより重なった古いレコーディングは完全に削除されます。

「置き換えボタン」が表示されていない場合は、
空きスペースを右クリックし、チェックを入れることで表示が可能です。

Logic _ ループレコーディング使用方法

ループ範囲選択

↑ ロケータでループレコーディングしたい部分を選択し、
通常通りにレコーディングを開始します。

「レコーディングの方法」

ロケータ指定箇所を繰り返しレコーディングし続けることができます。
気に入ったテイクが録れた後、停止させます。

ループレコーディング

↑ このように全てのテイクが録音されます。
停止後は最終テイク(ベストテイク)が優先的に表示、再生されます。

またループにて録音したテイクを組み合わせ1つのテイクを作成することができます。

「ループレコーディングからベストテイクを作成」

  • ループレコーディングからベストテイクを作成

    ループレコーディングからベストテイクを作成

    ループレコーディングにより録音されたトラックを全て保存し、レコーディング後に良い部分のみを選出し組み合わせることができます。

  • 最終テイクのみを残す

    上記のループレコーディングは全てのテイクを保存しますが、
    作業方針により最終テイクのみ保存、表示させたい場合は

    トランスポート「置き換え」

    ↑ トランスポートの赤囲み部分「置き換え」ボタンを点灯させます。
    これにより最終テイクのみが表示されます。

          
    • Logic X
    • Logic 8/9

    最後に

    お疲れ様でした。

    パソコン音楽制作のためのDAW操作を解説してきました。
    ここまでの操作を把握していれば、Logicをかなり快適にオペレートすることができると思います。

    そして、「パソコン音楽制作は決して難しいものではない」ということもお分かりいただけたのではないでしょうか?

    慣れるまでは、出来るだけ毎日ソフトを触る様にし、
    体に操作を覚えこませください。

    DAWにはこの他にも様々なテクニックがあります。
    ここまでご紹介した項目を応用したテクニックを「上級編」としてご紹介しています。
    是非、覗いてみてください。

    皆様の素晴らしい音楽ライフをお祈りしています。
    頑張ってください。