14_必ず行いたいレイテンシー調整_Logic Pro

Author: sleepfreaks

レイテンシーとは?

実際に演奏する音と聞こえてくる音の時間差です。
ボーカルレコーディング、MIDI鍵盤での演奏などに発生します。

どのくらい遅れるのか?はパソコンの性能に大きく依存しますが、
レイテンシー0というのは理論上不可能で、必ず実音に対し遅れが発生します。

この遅れが大きくなると、「遅れが気になる」という事になり
ベストパフォーマンスを出す事ができません。

Logicにはこの遅れを調整する機能がついています。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Logic X でのレイテンシー設定方法

オーディオ設定へ

上メニュー→「Logic」→「環境設定」→「オーディオ」へアクセスします。

デバイス

「デバイス」タブ →「I/Oバッファサイズ」を「64~256」で調整します。

※「バッファサイズ」を小さくしすぎると、
パソコンへの負担が大きくなり再生が途中で止まったりなどの副作用もあります。
PCの性能とのバランスを考慮し、お試しください。

録音の際に音の遅れでお困りの方はこの「バッファサイズ」を調整し、
快適な録音を行ってください!!

Logicでのレイテンシー設定方法

上メニュー→「Logic」→「環境設定」→「オーディオ」の「I/Oバッファサイズ」
この値を128~512で調整

Logic レイテンシー調整

※設定は「バッファサイズ」を小さくしすぎると
パソコンへの負担が大きくなり再生が途中で止まったりなどの副作用もあります。
PCの性能とのバランスを考え試してみてください。

録音の際に音の遅れでお困りの方はこの「バッファサイズ」を調整し
快適な録音を行ってください!!

        
  • Logic X
  • Logic 8/9

レッスンではこのような事も習得できます

  • 生徒様のPC性能、インターフェイスに合わせた最適調整
  • レイテンシーについての詳細知識