8. チャンネルラック内の音色を変更/調整する FL Studio

Author: sleepfreaks

ドラムトラックを調整して磨きをかける

前項のテンポ設定によって、これから作る楽曲の雰囲気が決まってきたかと思います。
続いて、作成したドラムパターンに対して音色の差し替えを行ってみましょう。

同じパターンでも音色を変えるだけで、聴こえ方が大きく変わってきます。

解説動画




製品のご購入

ブラウザから好みのサウンドを探す

音色変更を最も直感的に行う方法として、ブラウザを使用する方法があります。
まずは「ブラウザ」を開きます。

ブラウザ

ブラウザアイコンをクリックすることで、左部分にブラウザが表示されます。

このブラウザには「音源」「エフェクト」「MIDIパターン」「オーディオ素材」など
様々な項目へアクセスすることができます。
音色に限らず様々な用途で使用しますので、ここで覚えておいてください。

ブラウザから好みのサウンドを差し替える

それではオーディオ素材を使用して、ドラムキットの音色を差し替えていきます。

Packs

「Packs」→「Drums」へアクセスすると各キットで分類されています。

音色選出

「Kick」の中に進むと、たくさんのキックの音色が列んでいます。
クリックすることでサウンドをプレビューできます。

キットの差し替え

気に入った素材を目的のチャンネルにドラッグ&ドロップすることで差し替えが行われます。

新たに追加

空いている場所にドラッグ&ドロップすると新たなチャンネルが追加されます。
これでキックを2つ重ねるという技も可能になりますね。

ボリュームとパンを調整する

ボリュームとパン

チャンネルの左部分には2つのノブが備わっています。
それぞれ、

  • 左ノブ : サウンドの定位(左右の場所)を決めるパン
  • 右ノブ : サウンドのボリューム

となっています。

今回は以下のようにキットの差し替え、ボリューム/パンの調整を行ってみました。

調整後





ソフト音源の立ち上げ方

次回はこのドラムにベースフレーズを重ねていきます。
その下準備として、ソフト音源を立ち上げておきましょう。

Bass

上の要領で「ブラウザ」からプラグインを呼び出すこともできますが、
ここでは他の呼び出し方を試してみます。

音源の追加

チャンネルラック下部分の「+」アイコンをクリックします。

BooBass

音源の一覧が表示され、好みの音源をすぐに選択することができます。
ここではベース音源「BooBass」を選択します。

Bass音源

このようにベース音源が立ち上がりました。
全てのソフト音源(Gnerator)は、同様の流れで追加していくことが可能です。

追加購入した音源を使用するには下記をご参照ください。

製品のご購入