StudioOne 3 新機能 拡張FXチェーン

Author: sleepfreaks

柔軟なエフェクトルーティングを実現

FXチェーン

StudioOne3の新機能「拡張FXチェーン」
エフェクトのサウンドルーティーングを分岐させることで、
より細かなサウンドメイキングを行うことができる機能です。

ディレイのヤマビコのみフェイザーを適用する。
低音成分のみ歪みを加える。

などアイディア次第で無限のサウンドを作成することができます。

拡張FXチェーンの使用

チャンネルエディター

エフェクトを適用するトラックを選択し、「チャンネルエディター」を選択します。
その後、表示されるエディターの「ルーティング」をクリックします。

ディレイ

「ブラウズ」から適用したいエフェクトをドラッグ&ドロップします。
これでトラックに対して、エフェクトが適用されます。

このエフェクトを分岐させることができます。

スプリッター

「スプリッター」を分岐させたい地点へドラッグします。
ここではディレイの前へ適用しています。

上記画像のように、分岐ポイントが作成されます。

エフェクトの追加

分岐されたもう一方に異なるエフェクト(ここでは歪み)を適用できます。

Phaser

ディレイの後ろへフェイザーを適用してみました。

これにより、ディレイがかかったサウンドのみにフェイザーが適用され、
歪みエフェクトはディレイ、フェイザーとは干渉しないサウンドとなります。

分岐を複数

この分岐は複数ポイントに設定することができます。

スプリッターの詳細

このスプリッターをクリックすることで、分岐条件の詳細設定を行うことができます。

  • 分割 : 分岐を2〜5分割から指定することができます
  • 出力をミュート : 指定した分岐経路のみサウンドをミュートすることができます
  • 分岐モード : 分岐させる条件を指定します
    ・標準 : サウンドボリュームを分岐ポイントで均等に分割します
    ・チャンネル : ステレオサウンドの左右に対して分岐を行います
    ・周波数 : 周波数を指定し、分岐を行います

インストゥルメント音源にも使用可能

この分岐概念はインストゥルメント音源にも適用が可能です。

音源追加

すでに読み込んである音源トラックに対し、新たに音源をドラッグ&ドロップします。

結合

ダイアログが表示されるため「結合」を選択します。

分岐後

ウィンドウが表示されます。
また下の鍵盤を確認し、演奏される音程によって使用する音源を定義することも可能です。

その他の新機能

StudioOne 3 新機能 スクラッチパッド
StudioOne 3 新機能 アレンジトラック
StudioOne 3 新機能 マクロコントロール

製品のご購入