マーカーを使用し作業を効率化する Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

目的の箇所を素早く見つけられる

マーカー

楽曲中のポジョンに対し、印をつけるのがこの「マーカー機能」です。

マーカー登録を行う事で、

「マーカーポジョンから瞬時に再生する」「編集箇所を特定しやすい」
など作業が行いやすくなります。

「Aメロ」「サビ」などの構成をマーカーとして登録しておくのが一般的な使い方ですが、
修正したい箇所などをメモとして残す。という使い方も便利です。


StudioOne マーカー登録方法

マーカー表示

↑ 赤囲み部分の「マーカーアイコン」をクリックし点灯させます。

マーカー追加と削除

  • 1_マーカーを設定したい箇所へ再生カーソルを移動させます
  • 2_「+」ボタンで追加、「-」でマーカーが削除できます

名前を編集

↑ 作成した「マーカー」を「ダブルクリック」すると名前を決めることができます。

これを繰り返し行っていくと

マーカー調整後

↑ 楽曲全体の構成を一目で把握することができます。

マーカーへの移動

マーカー間を素早く移動することができます。

Shift+N キー : 次のマーカーへ 
Shift+B キー : 前のマーカーへ 

これも覚えておくと非常に便利に使用できます。

製品のご購入