ライブでの同期設定 Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

ライブでStudioOneを使用する

Live

DAWを使用すると、使用可能な楽器や手法が広がります。
ただし、問題となってくるのが「ライブで再現ができない」ということです。

そこで行なうのが、ノートパソコンを持ち込んでの「同期」です。

生演奏/編成で補うことができないトラックはPAへ送り、直接流すというものです。

ここでは「同期ライブの設定」を解説していきたいと思います。

同期に必要な機材

まずは同期設定に必要な機材を確認しておきましょう。

オーディオインターフェイス

Mbox

出力が「2ステレオ」必要となります。
解説では「Output 1-2」「Output 3-4」を使用します。

オーディオインターフェイス選びに関して


ヘッドフォン

演奏者が「オケ」と「メトロノーム」を聴く為に必要となります。

ヘッドフォンアンプ

「オーディオインターフェイス」と「ヘッドフォン」の間に挟む機器です。
状況に合わせモニター音量をコントロールすることが可能です。

モニター人数に合わせたものを購入します。

同期のトラックルーティング設定

生演奏とオケがズレない様にドラマーなど、
リズムを担当する方は「メトロノーム」を聞くことになります。

ただし、普通に「メトロノーム」を流しては、観客に聞こえます(笑)
この辺りを工夫した設定を行ないます。

2mix取り込み

まずはライブで使用する「2MIXのオケ」を取り込みます。
解説はこの2MIXを使用して進めていきます。

この際、各トラックごとに分かれているものでも構いません。

オーディオ設定

「ミックスウィンドウ」を右クリックし
メニューより「オーディオI/O設定」を選択します。

IO設定

  • 「出力」タブを選択します
  • 「追加(ステレオ)」をクリックします
  • 「適用」をクリックします

これで新に「ステレオアウトプット」が追加されます。

出力を点灯

「ミキサーウィンドウ」左の「出力」を点灯させます。

アウトプット

上記で設定した「アウトプット」が表示されます。

オケのセンド

オケの「アウトプット」が「メイン」となっていることを確認し、
「センド」を「サブ」 へ送ります。

これで「オケ」の音が両マスターへ入ってきます。
次はアウトへ対しそれぞれ名前をつけてしまいましょう。

マスター名前

「観客(メイン)」「演奏者(サブ)」としました。

最後に「メトロノーム」の設定です。

メトロノーム

メトロノーム打ち込み

「メトロノーム」は「パーカッションやドラム」などで打ち込んでおきます。

クリックアウトプット

「ミキサーウィンドウ」を開き、
打ち込んだソフトシンセの「アウトプット」を「演奏者」へ変更します。

これで完了です。

オーディオインターフェイスの「Out1-2」をPAさん(観客)
「Out3-4」を「ヘッドフォンアンプ」へ 接続し演奏者がモニタリングします。

「オケが小さい」「クリックが大きい」などの音量バランスは、
各トラックを調整することで個別にコントロールが可能です。





考えられる問題点

上記設定で考えられる問題点/改善策を記載していきます。

2MIXではなく各トラックを調整したい

演奏者

方法は簡単です。
全トラックをセンドで「演奏者」に送ります。

演奏者が必要なトラックのみモニタリングすることも可能ですね。

複数曲の演奏は?

複数の楽曲

楽曲をタイムラインで並べます。

またMCを考慮する場合、
メンバーの1人が「再生/停止」を担当した方が良いでしょう。

そして困るのが「メトロノーム」です。
曲ごとにテンポが異なるためです。

以下記事の設定で、テンポ指定を行ないます。

「曲中でのテンポ/拍子変更」

この設定により、上記で打ち込んだメトロノームが自動でテンポに追従します。


カウントはどうするのか?

演奏者は「メトロノーム」を常にモニタリングできるため、
その分を考慮し、リージョンを後ろに移動することで解決です。

メトロノーム分移動する

複数人でクリックをモニタリングしたい

「Out3-4」から出力されるサウンドを、複数人でモニター可能な機器へ接続します。

パソコンが止まるのが怖い

100%止まらないということは不可能ですが、
「バッファーサイズ」を高めの数字に設定しておくとCPU負荷が減り、
停止リスクを下げることができます。

「レコーディングのレイテンシー設定」

製品のご購入