47. インバート機能で位相を反転させる StudioOne

Author: sleepfreaks

波形を反転させる

音を拡大していくと

波形拡大

↑ 必ずこのような波になります。

この波を「反転」させることを「インバート」と呼びます。

この「反転」は単体再生だと意味がありません
他トラックと同時に再生した際に効果を発揮します。

インバートの解説

位相反転を使用したボーカルファイル抽出

インバート例

有名なものに「ドラムのスネア」があります。

リズムの中心となる「スネア」には2本のマイクを使用し
レコーディングすることが多いです。

スネアドラム マイク位置

↑ スネアの「打面」と「裏(スナッピ)」にマイクをセットするのですが、
録音後の波形は波形が反転してしまうのです。

これにより、音の芯がぼやけてしまうという弊害がでます。

dr rec

↑ ドラムREC後の波形です。
この中のスネア波形を確認してみます。

波形比較

↑ 上が「打面」 下が「スナッピ」の波形です。
波形の山が完全に逆になっています。

これでは音像がぼやけてしまいます。

ここで「インバート」を使用します。
「スナッピ」の波形を反転させ「打面」の波形と合わせます。

StudioOne インバート適用方法

MIXtool適用

↑ 反転させたいトラックにエフェクト「Mixtool」をインサートします。

InvertPhase

↑ 「InvertPhase」にチェックを入れます。

もしステレオファイルの場合は

ステレオインバート

↑ この2つのボタンへチェックを入れます。
左と右を個々に反転させるというもので、両方を点灯させることで完全なインバートが出来ます。

サウンドをチェックしてみましょう。

「インバート前」

「インバート後」

スネアがスッキリし前に出てくるのが確認できると思います。

こんなに素早く、簡単に音を良くできます。
使わない手はないですよね。

打ち込みのドラム、その他の楽器にも応用可能

今回のサンプルは「BFD2」を使用しました。

最近のドラムソフトは非常に良くできており、
生のマイキングを忠実に再現したものなので、生と同じ処理ができてしまいます。

この他にも複数のマイクを使用してレコーディングした
「ギター」「ベース」「他ドラムマイク」など

「インバート」機能で積極的な音作りに使用することができます。

レッスンではこのような事も習得できます

  • インバート原理の詳細説明
  • インバートを使用したMIXテクニック(音色作り)