8. ヒューマナイズ機能で微妙な変化をつける StudioOne

Author: sleepfreaks

ヒューマナイズとは?

「ステップレコーディング」や「クオンタイズ」を行うと、小節や拍に対しジャストタイミングに配置されます。
ドラムなど特定のフレーズを繰り返し使用する場合、聴き手はこの繰り返されるフレーズに対しマンネリ感を抱きます。

そんな時に役立つのがこの「ヒューマナイズ」です。

名前の通り、人間味を与える。音を前後にズラす機能です。

もちろん、大きく移動させるとフレーズ自体が崩れてしまうため、
あくまで「微差」 味付け程度に使用します。

これにより楽曲の最後まで聴き手に緊張感を与え、マンネリを防ぐことができます。

StudioOne ヒューマナイズ適用方法

ヒューマナイズ

↑ ヒューマナイズを行いたいイベントを選択し、
上メニューから「イベント」→「音楽機能」→「ヒューマナイズ」を選択します。

これでMIDIイベントがランダムで移動されます。

※「ドラムのハイハット」「ギター」「ピアノ」などに効果的です。

ヒューマナイズ機能の動画

※7’18〜8’24秒にて解説を行なっています 

製品のご購入