21. 便利なイベントミュート機能 StudioOne

Author: sleepfreaks

StudioOne トラックに捕われない部分的なミュート

トラックを一時的に無音にする「ミュート機能」は作業の中で頻繁に使用します。

ミュート

↑ このようにトラックの「M」ボタンを押します。

しかし、この方法ではトラック上の全ての音が無音になってしまうため、
部分的な「ミュート」切り替えを行うことができません。

ここで「イベントミュート」の出番です。

トラック単位ではなく一部分のイベントに対しミュートを適用できるため、
「楽器が途中で抜けた場合は?」などの構成シミュレートに役立ちます。


ミュート適用方法

イベントミュート前

↑ ミュートしたいイベントを選択します。

Mac、Windows 共通
「Shift + M」

を押します。

イベントミュート適用後

↑ イベントがグレーアウトし「ミュート状態」に変わります。

ミュートを解除するには再度「Shift+M」を押せばOKです。

MIDIノートにも使用可能

「MIDIエディタ」上のMIDIノート1つ1つに対しても
このミュート方法を使用できます。

ノートミュート前

↑ ミュートしたいMIDIノートを選択し、上記ショートカットを行います。

ノートミュート後

↑ 選択したMIDIノートが「ミュート状態」になります。
また解除方法も上記イベントと同様です。

これにより、作業結果を残したまま様々な打ち込みシミュレートが行えます。

製品のご購入