プラグインのツマミにオートメーションを与える Studio One 使い方

Author: sleepfreaks

StudioOneのプラグイン上にある全てのツマミを設定可能

「Volume」や「PAN」だけではなく、
EQ、COMP、Reverbなどの「プラグイン」にも「オートメーション」を適用することができます 

プラグインの値にオートメーションを適用する事で、
トラックの一部分のみ「Reverbを深くする」「歪ませる」など可能性が広がります。

オートメーション追加

↑ プラグインの赤囲み部分をクリックし、
メニューから「パラメーターの追加と削除」を選択します。

オートメーション追加ウィンドウ

↑ オートメーション追加ウィンドウが開かれます。

  • 1_追加したいエフェクト項目を選択します。
  • 2_「追加」をクリックします。
  • 3_追加しオートメーション記録が可能になった項目が表示されます。

オートメーション追加後

↑ 追加した「エフェクト項目」が表示可能になります。
後は通常通りオートメーションを書き込むだけです。

製品のご購入