Rewireを使用する ProTools の使い方

Author: sleepfreaks

他のソフトをProtoolsと同期させる

REASON -1

このRewireを使用することで、異なるシーケンスソフトをProtoolsに同期させることができます。
Protoolsの「再生、停止」に従う他、シーケンスソフトをProtools内で打ち込みできるため作業が楽になります。

有名なソフトでは「Reason」「FL Studio」があります。

今回は「Reason」を使用して説明していきますが、基本的にどのソフトも設定は同じになります。





ProTools Rewireの設定方法

インストゥルメントトラック

↑ インストゥルメントトラックを作成します。

インサート Rewire

↑ インサート部分に「Reason」を立ち上げます。

インサート REASON選択

↑ 「マルチチャンネルプラグイン」 →「Instrument」 →「Reason」です。

rewire MIDIトラック

↑ Reason内の音源を使用するために、MIDIトラックを作成します。

Rewire MIDI選択

↑ 赤囲みの「MIDI出力」部分をクリックします。

Rwire 音色選択

↑ Reason内の音色が表示されるため任意の音色を選択します。

この際にReason側で音色を追加すると、即座にProtoolsのMIDIアウト欄へ反映されます。

Rewire Protools上で打ち込み

↑ 後はいつも通り Protools内で打ち込んでいくだけです。
Protoolsの再生、停止に自動でReasonが追従します。

Rewireの注意点

ProtoolsファイルにRewireの音色やシンセ機種の情報は記憶されません。
作業を終えたら、Reawireの状態を別途保存しておく必要があります。

Rewire 保存

↑ Reasonを閉じようとすると以下の画面が表示されます。
任意の場所へReasonの状態を保存してください。

作業の続きを行いたい場合は

  • 1_Protoolsセッションを開く
  • 2_Reasonも立ち上がるが、初期状態です。
    そこで上記写真で保存したファイルを開きます

これで以前の状態が完全再現され、作業の続きを行う事ができます。

製品のご購入