楽曲データの効率的な整理とバックアップ ProTools の使い方

Author: sleepfreaks

ProToolsで楽曲が完成した際のデータ整理にバックアップを

Backup

無事に楽曲を完成させた後に必ず行いたいのが、バックアップ作業です。
パソコントラブル、操作ミスに備えてデータを保管します。

楽曲のファイル容量のほとんどを締めるのは、
歌、ギターなどの「オーディオファイル」です。

Protoolsは楽曲中で使用しているファイルはもちろん、ボツテイクも全て記憶しています。

この使用しないテイクを削除し、
奇麗な状態でセッションを保存する効率的なバックアップ方法をご紹介します。

オーディオファイルを整理する

ウィンドウを開く

画像の赤囲み部分をクリックし、全テイクを参照することができます。
その中のアイコンをクリックします。

未使用

開かれたメニューの中から「選択」→「未使用」を選択します。

未使用のリストアップ

このようにセッションの中では使用されていないが、記憶されているものが選択されます。

クリア

再度メニューを開き、「クリア」を選択します。

削除

ダイアログから「削除」を選択します。

これで「オーディオファイル」の整理は終了です。
次にこの整理したセッションを保存します。





楽曲を保存する

セッションとオーディオファイルの場所がバラバラになってしまっている場合でも
1つのフォルダ内にパッケージすることができます。

コピーを保存

Protools上メニュー →「ファイル」→「コピーを保存」を選択します。

ダイアログ

このようなダイアログが開きます。

  • 1_ファイル形式、サンプルレート、ビットデプスを好みに調整します。
  • 2_「全てのオーディオファイル」にチェックを入れます。

上記を確認し「OK」を押します。

バックアップ後

指定した場所に必要なデータだけが抽出されたセッションが作成されました。
実際にファイルを開いて無事に開けることを確認してください。

問題がなければこのファイルをバックアップします。
また元の楽曲データは削除してしまって問題ありません。

製品のご購入