18_オートメーションを使用する 1_PROTOOLS

Author: sleepfreaks

あらゆるパラメーターを自動化

オートメーションを使用することで、
トラックの「音量」「パン」「エフェクト」「ボタン」を
曲中で自動変化させることができます。

ProToolsでのオートメーション設定方法

オートメーション1

オートメーションを適用するトラックの赤囲み部分をクリックします。

オートメーション項目

変化させたいパラメーターを選択します。
ここでは「ボリューム」を選択。

ボリュームカーブ

トラックにボリュームカーブが表示されます。

ツール

ツールメニューから「ペンツール」を選択。

オートメーション書き込み

この様に好きなボリュームを描くことができます。

ペンの種類

また、ペンツールを長押しして、ツールを選び変えることで
正確な線を書く事ができます。

グリッド

この際のオートメーション幅は「グリット」の値に同期します。
写真の場合は「グリット」の設定は16分音符のため、1つの三角形が16分音符ごとに繰り返されます。

オートメーションの追加方法

複数のオートメーションを扱う方法です。

複数のオートメーション

赤囲みの「+」を押す事で、他項目のオートメーションの追加表示することができます。
「パン」のオートメーションも追加されました。

オートメーションの削除方法

オートメーションの削除

削除したい部分を「セレクターツール」で選択します。
選択後、「Delete」キーもしくは「BackSpace」キーを押します。

ゲインリダクションを考慮したオートメーション順序

レッスンではこのような事も習得できます

  • トラック別のオートメーション設定詳細
  • オートメーションでボーカル最適化
  • オートメーションによる音圧上げ