無音やノイズをカットするストリップサイレンス Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

ボーカルやギターなどのオーディオトラックに最適

このストリップサイレンス機能を使用することで、
リージョン内の「無音」「小さなノイズ部分」を一気にカットすることができます。

手動で処理するよりも素早く正確に処理を行えるため、作業効率が向上します。

ストリップサイレンスの解説




        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Logic X ストリップサイレンス使用方法

ストリップサイレンス

ストリップサイレンスを適用したいリージョンを右クリックし、
「分割」 → 「ストリップサイレンス」を選択します。

ストリップサイレンス-1

このようなダイアログが表示されます。

  • 「しきい値」
    どこまで小さい音量を「無音」、「ノイズ」と判断するか?を決定します。
  • 「無音として扱う最低限の時間」
    波形の中にも一瞬の空白はあります。
    その空白時間を無音と捉えるまでの時間を設定します。
    時間を短くすることで、さらに細かい検出を行う事ができますが、不自然にならない程度がよいでしょう。
  • 「プリアタックの時間」
    カットし始める部分の長さに余裕を持たせることができます。
    ボーカルのブレスなどを考慮する際に使用します。
  • 「ポストリリースの時間」
    カットし終わる部分の長さに余裕を持たせることができます。
    奇麗にフェイドアウトしていく際、「無音」や「ノイズ」と扱われないために使用します。
  • 「ゼロクロッシングを検出」
    チェック入れることで、分割されるオーディオの位置が必ず「0」の値になります。
    リージョン切れ目でのノイズを防ぐ事ができます。

適用後

この様にリージョンがカットされました。

Logic ストリップサイレンス使用方法

ストリップサイレンスメニュー

↑ ストリップサイレンスを適用したいリージョンを選択し、
メニュ → 「オーディオ」 → 「ストリップサイレンス」を選びます。

ストリップサイレンスダイアログ

↑ このようなダイアログが表示されます。

  • 「しきい値」
    どこまで小さい音量を「無音」、「ノイズ」と判断するか?を決定します。
  • 「無音として扱う最低限の時間」
    波形の中にも一瞬の空白はあります。
    その空白時間を無音と捉えるまでの時間を設定します。
    時間を短くすることで、さらに細かい検出を行う事ができますが、不自然にならない程度がよいでしょう。
  • 「プリアタックの時間」
    カットし始める部分の長さに余裕を持たせることができます。
    ボーカルのブレスなどを考慮する際に使用します。
  • 「ポストリリースの時間」
    カットし終わる部分の長さに余裕を持たせることができます。
    奇麗にフェイドアウトしていく際、「無音」や「ノイズ」と扱われないために使用します。
  • 「ゼロクロッシングを検出」
    チェック入れることで、分割されるオーディオの位置が必ず「0」の値になります。
    リージョン切れ目でのノイズを防ぐ事ができます。

ストリップサイレンス範囲

↑ 上記設定を行った画面状態です。
黒線で囲まれている部分以外を「無音」「ノイズ」とみなしカットします。

結果を確認し、問題がなければ上記ダイアログの「OK」をクリックします。

ストリップサイレンス後

↑ この様にリージョンがカットされました。

非常に便利ですね。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9


Logic Pro