Rewireを使用する Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

他のソフトをLogicと同期させる

REASON -1

このRewireを使用することで、異なるシーケンスソフトをLogicに同期させることができます。
Logicの「再生、停止」に従う他、シーケンスソフトをLogic内で打ち込みできるため作業が楽になります。

有名なソフトでは「Reason」「FL Studio」があります。

今回は「Reason」を使用して説明していきますが、基本的にどのソフトも設定は同じになります。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Logic X Rewire設定方法

まずRewireで使用するソフトを64bitで起動するようにする必要があります。

Reason設定

1_Rewireで使用するソフトを右クリックします

2_メニューから「情報を見る」を選択します

3_「32bitモードで開く」のチェックを外します

これで次回からソフトが「64bit」で立ち上がります。

次にLogic側の設定です。

環境設定

Logic環境設定の「オーディオ」→「デバイス」に表示されている
「Rewireの動作」を「再生モード」に変更します。

Logic終了

その後は一度Logicを終了させ、再度立ち上げます。

環境設定

Logicを立ち上げた後にReason(Rewireソフト)を立ち上げます。

AUX

Logicミキサーウィンドウを開き
「オプション」→「新規オグジュアリーチャンネルストリップを作成」からAUXトラックを作成します。

インプット選択

上記操作で作成された「AUXトラック」のインプット部分をクリックし
「Reason」→「RW MIX L/R」を選択します。

※AUXトラックは初期状態でボリュームが「0」になっているため、ボリュームを上げておいてください。

外部MIDI

「外部MIDIトラック」を作成します。

トラックの作成方法詳細については以下URLをご参照ください。
http://sleepfreaks-dtm.com/for-beginner-logic/lesson3/

Reason音色

MIDIトラックを作成すると、赤囲み部分の「ライブラリ」へ「Reason」の音源が表示されます。
使用したい音源を選択します。

打ち込みも可能

後はいつも通り Logic内で打ち込んでいくだけです。
Logicの再生、停止に自動でReasonが追従します。

Logic Rewire設定方法

Logicを立ち上げた後にReasonを立ち上げます。

Logic ミキサー画面

↑ Logicミキサー画面を開き
「オプション」→「新規オグジュアリーチャンネルストリップを作成」をクリックしトラックを作成します。

AUXインプット

↑ 上記操作で作成された「AUXトラック」のインプット部分をクリックし
「Reason」を選択します。

※AUXトラックは初期状態でボリュームが「0」になっているため、ボリュームを上げておいてください。

MIDIトラック作成

↑ アレンジウィンドウへ戻り、「MIDIトラック」を作成します。

トラックの作成方法詳細については以下URLをご参照ください。
http://sleepfreaks-dtm.com/wordpress/for-beginner-logic/lesson3/

メディアライブラリ_Reason

↑ MIDIトラックを作成すると、画面右の「メディア」→「ライブラリ」へ「Reason」の音源が表示されます。
この際にReason側で音色を追加すると、即座にLogicの「ライブラリ」へ反映されます。

Rewire打ち込み

↑ 後はいつも通り Logic内で打ち込んでいくだけです。
Logicの再生、停止に自動でReasonが追従します。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Rewireの注意点

LogicファイルにRewireの音色やシンセ機種の情報は記憶されません。
作業を終えたら、Reawireの状態を別途保存しておく必要があります。

Rewire 保存

Reasonを閉じようとすると以下の画面が表示されます。
任意の場所へReasonの状態を保存してください。

作業の続きを行いたい場合は

  • Logicセッションを開く
  • 2_Reasonも立ち上がるが、初期状態です。
    そこで上記写真で保存したファイルを開きます

これで以前の状態が完全再現され、作業の続きを行う事ができます。


Logic Pro