リージョン範囲を簡単に再生する Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

必ず習得したい便利な操作

DTM作業の中で最もよく使用するのが、
部分的な再生/ループです。

ループ

通常のループはルーラーをドラッグして設定しますが、この操作は少し面倒です。

ここでオススメしたいのが
リージョン範囲に再生/ループ範囲を合わせるショートカットです。

これにより作業効率が格段に上がります。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9

Logic x リージョン範囲の再生 設定方法

この便利なショートカットはデフォルトで登録されていません。

上メニュ 「Logic Pro X」→「キーコマンド」→「編集」から
任意のキーを割り当てる必要があります。

ショートカットの割当方法は以下記事をご参照ください。

キーコマンド

目的の項目は「グローバル」→「ロケータを設定して再生」というものです。

この項目にショートカットを割り当てます。
ここでは「@」を割り当てました。

これで設定は完了です。


使用方法

操作は非常にシンプルです。

リージョン選択

再生/ループしたいリージョンを選択し、
上記で設定したショートカットを押すだけです。

キーコマンド適用後

リージョンにループ範囲が設定され自動再生されます。

Logic リージョン範囲の再生 設定方法

この便利なショートカットはデフォルトで登録されていません。

上メニュ 「Logic」→「環境設定」→「キーコマンド」から
任意のキーを割り当てる必要があります。

ショートカットの割当方法は以下記事をご参照ください。

  • ショートカットカスタマイズ

    ショートカットカスタマイズ

    「ショートカット」は操作コマンドを瞬時に実行することができ、作業効率化に大きく貢献します。ここではこのショートカットをカスタマイズする方法を解説していきます。

  • ショートカットカスタマイズ

    ↑ 目的の項目は「グローバル」→「ロケータを設定して再生」というものです。

    この項目にショートカットを割り当てます。
    ここでは「@」を割り当てました。

    これで設定は完了です。

    使用方法

    操作は極めてシンプルです。

    リージョン選択

    ↑ 再生/ループしたいリージョンを選択し、
    上記で設定したショートカットを押すだけです。

    リージョン範囲再生

    ↑ リージョンにループ範囲が設定され自動再生されます。

          
    • Logic X
    • Logic 8/9


    Logic Pro