NoiseGate Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

ノイズカットやリズム調整が可能!!LogicのNoiseGate

「ノイズゲート」は一定の音量以下(小さい音)をカットすることができるエフェクトです。

ここではLogicのノイズゲートを使用し解説を行なっていますが、
基本仕様はどの「ノイズゲート」も共通となります。

  • ボーカルトラックに入ってしまった環境音
  • エレキギターのノイズ
  • 複数マイクで録音されたドラムキットのかぶり
  •  

など、トラックをよりクリアに聴かせるために使用されます。

またノイズ除去以外の目的、
ドラムループの余韻をコントロールし、ノリを作ることもできます。

NoiseGate_動画




動画ポイント_Thresholdの設定

Threshold

上記で「小さい音をカット」と記載しました。

しかし

パソコン自身は「どこからが音が大きい」「どこからが音が小さい」ということを判断できません。
これを指定するのが「Threshold_スレショルド」 です。

Threshold2

この場合、
ピンク線より下が「小さい音」と判断されカット対象になります。

 

動画ポイント_Reductionの設定

Reduction

「Threshold」(上記ピンク線以下)の音をどの位小さくするか?を決定します。
単位は「db_デシベル」でマイナスの値が大きくなるほどカットされる量が多くなります。 

音をしっかりとカットしたい場合は、「Reduction値」を低く設定します。

動画ポイント_Attackの設定

Attack

アタックでは、
音量がスレッショルド以上になった際、
どの位の時間をかけて、ゲートを開く(音を出力)するのか?を決定します。

単位は「msミリセカンド」となっていて、
1000分の1秒単位での設定が可能です。

  • 値をを小さくすることで、スレッショルドを超えた音がすぐに出力されます。
  • 値を大きくすることで時間をかけて出力が行なわれます。
    値を大きくしすぎるとゲートが間に合わず無音になることもあります。

サウンドに対しフェードインのような柔らかい効果を与えることができます。

ms(ミリセカンド)の解説






動画ポイント_Holdの設定

Hold

ホールドでは
音がスレッショルド以下になった場合でも、どの位の時間ゲートを開いておくのか?を決定します。

単位は「msミリセカンド」となっていて、
1000分の1秒単位での設定が可能です。

少し複雑に感じますので例を出します。

トラックによっては短時間の間に「大きい音」「小さい音」が繰り返される場合があります。
ゲートはそれに反応しますが、過剰に反応しすぎることでサウンドが不自然になってしまいます。

スレッショルど以下の音量になったとしても「ホールド」で指定した時間は
ゲートは開いたまま(音が鳴る)になるため、上記のような状態を防ぐことができます。

動画ポイント_Releaseの設定

Release

リリースでは、スレショルドを下回った音を
どの位の時間をかけて、カットするのか?を決定します。

単位は「msミリセカンド」となっていて、
1000分の1秒単位での設定が可能です。

  • 値をを小さくすることで、すぐに音がカットされます。
  • あえてブツ切り感を演出することも可能です。

  • 値を大きくすることで時間をかけてカットが行なわれます。
  • フェードアウトのような自然な残響を得ることができます。


Logic Pro