ノートを連打する際に音を止めるチョーク設定 FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

各サンプルの発音形式を用途に合わせてコントロールする

リズム

EDMの制作で多用されるのが、ノートを連打してリズムを作るという手法です。
ラップ素材にリズムをつけようと、上の画像のような打ち込みを行いました。

サウンドを確認してみると。

このような形となり、発音される度に音が重なってしまいます。

それを避けるため、音を歯切れよく止めることを「チョーク」と呼びます。
以下はチョークを設定したサウンドです。

それでは、FL Studioでのチョーク設定方法を見ていきましょう。

チョークの設定

設定は非常にシンプルです。

Cut itself

対象チャンネルを右クリックし「Cut itself」を選択するだけです。
この設定をしたチャンネルの音は、常に新しい音でチョークされる状態となります。

頻繁に使用する設定ですので、しっかりと覚えておいてください。

製品のご購入

1476761779464_ec