MIDIファイルの書き出しと読み込み FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

MIDIフレーズをファイルとして保存する

楽曲内で作成したMIDIファイルを他楽曲、DAWで使用するための手順です。

  • お気に入りのドラムパターンを保存しておきたい。
  • 他人にMIDIファイルだけを渡し音色を差し替えてもらう。
  • 他の楽曲へ打ち込みを持っていきたい。

など、様々なケースで使用することができます。

このMIDIファイルのことを「SMF」スタンダードミディファイルと呼びます。
ファイルは音色が含まれず、「MIDIデータ」のみのため容量が非常に軽いです。

SMF(スタンダードミディファイル)の解説




製品のご購入

FL Studio SMF書き出し方法

Export as MIDI file

書き出したいトラックのピアノロールを開き、
左三角形のメニューから「File」→「Export as MIDI file」を選択します。

ダイアログから名前をつけて保存します。

MIDIファイル

このように演奏データが収められたMIDIファイルが作成されます。

MIDIマージ

MIDIクリップを結合することで、その分のMIDIデータを書き出すことも可能です。





FL Studio SMF読み込み方法

読み込み MIDI

メニューより「File」→「Export」→「MIDI file」を選択し、
読み込みたいMIDIファイルを指定します。

Setting

このようなダイアログが表示されますので「OK」を選択します。

Channel

ChannelへMIDIフレーズが読み込まれます。

製品のご購入