ReWireを使用する FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

FL Studioを他DAWソフトの音源として使用する

rewire

ReWireは異なる音楽ソフト同士を連携させることができる規格です。

各ソフトの音色を他のDAWソフトで使用したり、
再生タイミングを自動的に同期させることができるため、ソフト活用の幅が大きく広がります。

FL StudioはこのReWireに対応しています。
現在メインで使っているDAWのサブシステムとして使用できるので、
双方の長所を組み合わせることできます。

ここではCubaseで、FL Studioの音源を使用する設定を解説していきます。

ReWireの設定方法

Cubase

まずはCubase(DAWソフト)を起動します。
この段階ではFL Studioを閉じておきます。

ReWire-1

上メニューから「デバイス」→「FL Studio ReWire」を選択します。

Cubaseの設定-1

ウィンドウから必要な分の出力(ここでは全出力)を有効化し、
この段階でFL Studioを立ち上げます。

FL Studio

FL Studioに使用したい音色を立ち上げます。

この状態でFL Studio側で打ち込みを行えば、サウンドがそのままCubaseに出力されてきます。
Cubaseを再生すると、FL Studioもその再生に追従します。

CubaseからMIDIを送ることも出来ますので、以下にその方法を解説します。

MIDIトラック

Cubase上でMIDIトラックを立ち上げます。

MIDI割り当て

MIDIトラックの出力を確認すると、FL Studio上に立ち上げたチャンネル名が表示されています。
使用したい音色を選択します。

MIDI打ち込み後

後は通常通り、Cubaseで打ち込みを行います。
打ち込みの内容に合わせて、FL Studioの音源が演奏されます。

異なる音色を打ち込みたい場合は、
上記と同様に、MIDIトラックを追加して、任意の音色へMIDI出力を割り当てます。

注意点

Cubaseファイルの中に、FL Studioの音色等の状態が保存される訳ではありません。

FL Studio でも保存

FL Studioのプロジェクトも忘れずに保存するようにし、
Cubase楽曲を立ち上げた際には、音色を指定しているFL Studioプロジェクトも立ち上げるようにしてください。

製品のご購入