追加したソフトシンセ音源をパラアウトする FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

パラアウトでマルチ音源やドラム音源を細かく調整する

FL Studioには非常に柔軟なミキサーが備わっています。
チャンネルラックの楽器ごとにトラックへ振り分け、個別で下記のような項目を設定できます。

  • 音量、パンのコントロール
  • インサートエフェクト、センドエフェクト
  • ソロ、ミュート
  • 他のトラックへのルーティング

ただし、追加購入した他社製のドラム音源や、マルチ音源を使う場合は、少し設定が異なります。
本項では、ソフト音源をパラアウトし個別のトラックで調整する方法を解説します。

追加音源のパラアウト設定

ここでは「Addictive Drums 2」を例に進めますが、
手順は他のソフト音源も共通となります。

AD

まずはソフト音源をパラアウト可能な状態にします。
その後に、上部分の「プラグイン+歯車」アイコンをクリックします。

※ソフト側の設定は各々異なります。
主要な音源のパラアウト設定は下記URLをご参照ください。
http://sleepfreaks-dtm.com/how-to-softsynth/

パラアウト

「Processing」タブを選択すると、左下に各キットの出力が並んでいます。

「Auto map output」を押すと自動的にミキサートラックが割り当てられます。
もちろん手動で、各トラックを任意に割り当てることも可能です。

これで設定は完了です。

ミキサー

ミキサーウィンドウを確認すると、各キットの出力が異なるトラックに振り分けられています。
設定後は自由にボリューム、パン、エフェクトなどの調整を行うことができます。

製品のご購入

1476761779464_ec