ミキサーで複数トラックを1つのバスにまとめる FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

トラックをまとめて処理するメリット

楽曲を仕上げるミキシング時に使用されるテクニックとして、
同系統のトラックを1つのトラック(バス)にまとめて処理を行うテクニックがあります。

これには以下のような複数のメリットがあります。

  • 各トラックの音量バランスを保ったまま一括でボリューム調整ができる
  • まとめて一つのエフェクトをかけるため、統一感が出る
  • センドリターンなどを行った際にも効果がまとまりやすい
  • ミュートなどの操作も一括で行うことができる

別のDAWのものとなりますが、動画がありますのでサウンドを確かめてみください。

トラックをまとめてエフェクト処理する


それではFL Studioのバス設定を確認していきましょう。

FL Studioのバス設定

ここでは「1〜5」の5つのトラックを「トラック10」へまとめてみます。

ルーティング

まとめたいトラックが並んでいる場合は、
「Controlキー + 選択」で複数選択が可能です。

その後、トラック10の赤囲み部分を右クリックします。

Route to this track only

「Route to this track only」を選択します。
これで「1〜5」の出力はマスタートラックに直接流れず、トラック10を経由して流れるようになります。

今回は並んでいるトラックを例に行いましたが、
離れているトラックの場合は、この設定を個別に行うだけす。

まとめた後

トラック10のボリューム、パン、ミュート、エフェクトなどを調整することで、
「トラック1〜5」がミックスされたサウンドを一括コントロールすることができます。

製品のご購入