シンセやプラグインのツマミにオートメーションを与える リアルタイム FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

直接パラメーターを動かすことでも記録が可能

前項はオートメーション基本的な部分を解説しました。
曲の中で自由にパラメーターを変化させることの可能性を感じていただけたと思います。

今回はこれを少し発展させ、
直接パラメーターを動かしてオートメーション記録していきます。

マウスで記録するよりも直感的に値を記録することができます。

リアルタイムでオートメーションを記録する

Reverb

ここではトラックに適用したリバーブを強くする動きを記録してみましょう。 

オートメーション

レコーディングアイコンをクリックして表示されるダイアログから
「Notes and automation」を選択します。

レコーディングモード

上記のダイアログが表示されない場合、
レコーディングアイコンを右クリックし「Automation」を選択してください。

記録後

後は楽曲を再生させながら、記録したいパラメーターを動かすだけです。
このように簡単に記録されます。

ざっくりと記録した後に、マウスクリックで整えるという使い方もオススメです。

製品のご購入

1476761779464_ec