アルペジエーターを使用する FL Studio 使い方

Author: sleepfreaks

シンセサイザーの伝統的手法 アルペジエーターを使用する

NordLead

シンセサイザーで非常によく使用される演奏機能として「アルペジエーター」というものがあります。
サウンドはこのようなものです。

一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

FL Studioでは、とても簡単にこのアルペジエーターを使うことができます。
音の長さや演奏内容も細かくコントロールすることができますので、是非トライしてみてください。

アルペジエーターの使い方

白玉の伸ばし

まず下準備として、好みのコードを全音符で打ち込んでおきます。

アルペジエーターを開く

ピアノロール上部の工具アイコンをクリックし、「Arpeggiate…」を選択します。

Arp edit

すると、このようなウインドウが表示されます。

  • 1_演奏されるオクターブを設定します。数が多いほど動きが派手になります
  • 2_アルペジオのパターンを指定します
  • 3_何分音符でアルペジオが演奏させるか?を指定します
  • 4_音符の長を指定します。ここでノリが大きく変わってきます

終った後は「Accept」を押して適用します。

再生し実際に聴きながらパラメーターを調整可能ですので、
お好みのサウンドになるまで楽しみながら調整してみてください。
自分の打ち込みでは思いつかないような、面白いフレーズも出来ると思います。

製品のご購入