ワークスペースで作業スペースを切り替える Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

狭い画面でも効率的な作業を行える

DAWを使用していると「作業画面が狭い」という問題がでてきます。

MacBook Pro

様々なウィンドウを切り替え作業を進めていくため、
どうしても1つ1つのウィンドウが小さくなってしまいます。

そんな時に役立つのがこの「ワークスペース機能」です。

ご自身の好きな画面状態やウィンドウを登録しておき、
それらを、特定のキーで呼び出すとことができます。

Cubase 8 強化されたワークスペース解説動画




      
  • Cubase8
  • Cubase7以下

Cubase 8 ワークスペースの設定方法

ウィンドウを整える

↑ まずはウィンドウを好みの状態へ整えます。
画面の大きさや、トランスポートの位置、ズームなどです。

ワークスペース

↑ 画面が整った後は、この状態を記憶します。
上メニュー → 「ワークスペース」→「ワークスペースを追加」を選択します。

新規ワークスペース

↑ このようなダイアログが表示されます。

  • 名前 : この配置に名前をつけます
  • グローバル : Cubase上の全楽曲で使用可能となります
  • プロジェクト : この楽曲のみで使用可能となります

ここは例として「グローバル」で進めていきます。
この要領でよく使う画面を次々と登録していきます。

ワークスペース 構成

上メニュー → 「ワークスペース」→「構成」を選択します。

ワークスペースオーガナイザー

登録した構成を一覧することができます。

自動的に呼び出しのショートカットが割り当てられていますが、
この部分をクリックすることで、任意のショートカットを割り当てることが可能です。

ショートカット設定動画

これらを使用すれば、「編集」「MIDI打ち込み」「MIX」が行うことができ、
作業効率が飛躍的に向上します。


ワークスペースの変更と削除

登録したワークスペースは変更/削除することができます。

ワークスペース内容を変更したい場合

ワークスペースを更新

「ワークスペースを更新」を選択することで、
現在の登録してある配置と現在の配置が入れ替わります。

ワークスペースを削除したい場合

ワークスペースオーガナイザー-1

削除するワークスペースを選択後、
上部に配置されている「-」をクリックします。

Cubase ワークスペースの設定方法

画面構成

↑ まずはウィンドウを好みの状態へ整えます。
画面の大きさや、トランスポートの位置、ズームなどです。

ワークスペース

↑ 画面が整ったら、この状態を記憶します。
上メニュー → 「ウィンドウ」→ 「ワークスペース」→「ワークスペースをロック」を選択します。
これで画面が登録されました。

ウィンドウ

↑「ウィンドウ」の横に表示されている番号は
現在の画面番号を表しており、上記で登録した画面は「1」に割り当てられたことを表します。

この要領でよく使う画面を次々と登録していきます。

MIDI

↑ 次はよく使う「キーエディター」を登録してみましょう。
画面いっぱいに広げるととても見やすくオススメです。

画面を整えたら、上記と同じ様に登録するのですが、
「画面番号_1」は先ほど使用しています。

そこでキーエディター画面は「ワークスペース_2」に保存します。

新規ワークスペース

↑ 上メニュー → 「ワークスペース」→ 「新規ワークスペース」を選択します。

新規ワークスペース-1

↑ 上記ダイアログが表示されます。
任意の名前をつけ、「OK」をクリックします。

これで「2」にキーエディターが登録されました。
上メニュー → 「ウィンドウ」→ 「ワークスペース」→「ワークスペースをロック」で画面状態をロックします。

ミキサー

↑ 最後に「ミキサーウィンドウ」も登録してみます。

こちらも画面をいっぱいに広げて、整えた後、
上メニュー → 「ワークスペース」→ 「新規ワークスペース」を選択します。

新規ワークスペース-2

↑ ダイアログで名前を決定後、上記と同じ手順でロックをかけます。

これで合計3つの画面が登録されました。

スクリーンセット使用方法

画面の番号を呼び出す「ショートカット」

  • MAC : Option +テンキー画面番号
  • Windows : Alt +テンキー画面番号

これで瞬時に登録した画面に切り替わります。

キーボードにテンキーがついていない場合は、
「ショートカットカスタマイズ」を行い、ワークスペースの呼び出しを任意に変更することできます。

ショートカット設定動画



これらを使用すれば、「編集」「MIDI打ち込み」「MIX」が行うことができ、
作業効率が飛躍的に向上します。

また画面の記憶は「1〜3」までですが、それ以上も登録可能です。
ロックした画面を変更したい場合は、上メニューからロックを外すだけでOKです。

構成管理

↑ また上メニュー → 「ワークスペース」→ 「構成」から
登録した画面の番号変更、削除を行う事ができます。

      
  • Cubase8
  • Cubase7以下