イベント範囲を簡単に再生/ループする Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

必ず習得したい便利な操作

DTM作業の中で最もよく使用するのが、
部分的な再生/ループです。

ループ範囲

↑ 通常の「ループ」はルーラーをドラッグして設定しますが、この操作は少し面倒です。

ここでオススメしたいのが
イベント範囲に再生/ループ範囲を合わせるショートカットです。

これにより作業効率が格段に上がります。

解説動画




Cubase イベント範囲の再生/ループ適用方法

操作は極めてシンプルです。

イベントを選択

↑ 再生/ループしたいイベントを選択し

  • Cubase 7以前
    Mac、Windows 共通 :「Shift + G」
  • Cubase 7以上
    Mac : Option + P
    Windows : Alt + P

を押します。

ループ設定

↑ イベントに合わせたループ範囲が設定され自動再生されます。


応用技

上記の操作はイベント単位での設定ですが、
イベントに捕われない再生/ループ選択も可能です。

範囲選択ツールでのループ

メニューから「範囲選択ツール」を選択します。
再生/ループしたい箇所を自由に設定し、上記コマンドを押します。

選択範囲とループ範囲がリンクし、再生が始まります。