便利なイベントミュート機能 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

トラックに捕われない部分的なミュート

ミュート

トラックを一時的に無音にする「ミュート機能」は
作業の中で頻繁に使用します。

しかし、この方法ではトラック上の全てのイベントが無音になってしまいます。

ここで「イベントミュート」の出番です。

トラック単位ではなく一部分のイベントに対しミュートを適用できるため、
「楽器が途中で抜けた場合は?」などの構成シミュレートに役立ちます。

解説動画




ミュート-1

↑ ミュートしたいイベントを選択します。

  • Mac、Windows 共通 : 「Shift + M」

イベントがグレーになりミュート状態に変わります。
この部分のみ音が鳴らなくなります。

ミュート解除を行うには、
ミュートされているイベントを選択して

  • Mac、Windows 共通 : 「Shift + U」

これでミュートが解除されます。

MIDIノートにも使用可能

ノートミュート

「キーエディター」上のMIDIノート1つ1つに対しても
このミュート方法を使用できます。

これにより、作業結果を残したまま様々な打ち込みシミュレートが行えます。