ソフトシンセをパラアウトする Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

マルチ音源、ドラム音源に効果的!!

前項「1つのソフトシンセで複数の音色使用する」では
複数の楽器へMIDIチャンネルを割り当てる方法をご紹介しました。

非常に便利な方法ですが、複数の楽器が同じソフトシンセを使用していることによる
欠点が出てきます。

  • 楽器別の音量、PANのコントロール
  • 楽器別のインサートエフェクト、センドエフェクト
  • 楽器別のソロ、ミュート

などです。

同じソフトシンセを使用して楽器を鳴らしている以上、
仕方がないことに思えます。

しかし、これには解決策があります!!
「パラアウト」という方法です

同じソフトシンセに立ち上げた楽器別はもちろんのこと

ドラム音源のキック、スネアなど
キット別に「音量」「パン」「インサート」「センド」の設定を行うことができ、
音作りが大きく広がります。

Cubase パラアウト設定方法

      
  • Cubase7以下
  • Cubase7.5以上

ここでは付属ドラム音源「GrooveAgentOne」を例に進めます。
※他のソフトシンセでも同じ要領で設定できます。

記事 : http://sleepfreaks-dtm.com/wordpress/softsynth/grooveagentone-4/


VSTインストゥルメント

↑ 上メニュー → 「デバイス」→「VSTインストゥルメント」を選択します。

VST インストゥルメントパネル

↑ 「GrooveAgentOne」を立ち上げ、赤囲みのボタンを押します。

出力の有効化

↑ 立ち上がったメニューから「全出力を有効化」を選択します。

有効化後

↑ このように出力可能なトラックが並びます。

次に「GrooveAgentOne」の設定を行います。

1-Groove-Agent-ONE

  • 1_「キック」や「スネア」など、目的のパットをクリックします
  • 2_赤囲みのアウトプットを変更します
  • ※キットごとに異なるチャンネルを設定します

ここでは
「キック」→「Out_2」
「スネア」→「Out_3」
「ハット」→「Out_4」 へ割り当てました。

設定はこれで完了です。

パラアウト後

↑ 後は通常通り打ち込むだけで、
それぞれのキットが設定した「Outチャンネル」から鳴ります。

ミキサー

↑ 1つのソフトシンセを使用しているにも関わらず、
キットごとに「インサート」「センド」「ボリューム」「パン」などを設定できます。

ここでは「HalionSonic SE」を例に解説を進めていきます。
※他のソフトシンセでも同じ要領で設定できます。

まず前項の「MIDIトラック」を行います。

パラアウト

元となる「インストゥルメントトラック」を選択し、
「インスペクタ」の赤囲み部分をクリックします。

出力有効化

楽器の数に合わせて出力を有効にします。

トラック設定

「MIDIトラック」を選択し、「インスペクタ」の赤囲み部分をクリックします。

割り当て

「MIDIトラック」ごとに異なる出力を選択します。

出力の設定

音源側の出力を異なる出力に設定します。

設定はこれで完了です。

打ち込み

↑ 後は通常通り打ち込むだけで、
それぞれのキットが設定した「Outチャンネル」から鳴ります。

      
  • Cubase7以下
  • Cubase7.5以上