オーディオデータをMIDIに変換する Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

Cubaseでドラムの音色差し替えに便利

生ドラムやサンプリングCDのドラム差し替えに非常に便利です。




動画ポイント_サンプルエディタによる分析

ヒットポイントの検出

イベントをダブルクリックし表示される「サンプルエディタ」
その中の「ヒットポイントスライダー」で解析の感度を決定します。

※全てのアタックがしっかりと捉えられていて、かつ過剰にならないように調整します 

MIDIノートを作成

その後に「MIDIノート」作成を押します。


動画ポイント_ベロシティモードの設定

ベロシティ

素材の強弱をMIDIへ活かす場合は「ダイナミックベロシティー」
全てのベロシティを一定にしたい場合は、「設定したベロシティーに変更」を選択します。

動画ポイント_複数キットの抽出

MIDIノートの変換後

複数のキットを含むオーディオイベントも解析可能ですが、
「キックとハット」「スネアとハット」などタイミングが重なる部分は、
1つのMIDIとして扱われるため、後に修正を行い対処します。