プラグインのツマミにオートメーションを与える Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

プラグイン上の全てのツマミを設定可能




Cubaseでは「Volume」や「PAN」だけではなく、
EQ、COMP、Reverbなどの「プラグイン」にもオートメーションを適用することができます。

  • トラックの一部分のみReverbを深くしたい
  • ボーカルの一部分を歪ませたい
  • 楽曲全体にフィルターをかけたい

などアレンジの可能性が大きく広がります。

Cubase オートメーション設定方法

クリック

目的のプラグインが適用されているトラックを確認し、「1」をクリックします。
オートメーション項目を表示させた後に「2」をクリックします。

詳細設定

このようなメニューが表示されます。
その中の「詳細設定」を選択します。

パラメーターの追加

「Ins.」という部分がインサートエフェクトです。
この中から立ち上げているエフェクトを選択し、コントロールしたい項目をダブルクリックします。

オートメーション後

後は楽曲に合わせてオートメーションを記録していくだけです。

設定は簡単で楽曲に様々な効果を与える事ができます。
是非1度試してみてください。