ショートカットカスタマイズ Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

ショートカットをカスタマイズする利点

Key

「ショートカット」を覚えることは作業効率を上げる為に必要不可欠です。

操作コマンドを瞬時に実行することができるため、
よく使用するコマンドの「ショートカット」は是非覚えておきたいものです。

しかし、なかなか覚えることができないという方も多いのではないでしょうか?

そこで使用していただきたいのが、「ショートカットカスタマイズ」です。

2つ以上のDAWソフトを使用していて、「ショートカット」を統一するという使い方もできます。

ショートカット設定動画




Cubase ショートカット設定方法

ショートカット

上メニュー →「ファイル」→「キーボードショートカット」を選択します。

キーボードショートカット

「ショートカットウィンドウ」が開きます。

  • 1_割り当てたい操作項目を選択します
  • 2_実際に割り当てたいキーを押します
  • 3_「適用ボタン」をクリックします

※既にそのショートカットが他のコマンドに使われている場合は警告がでます。
注意して登録してください。

より進んだ使い方

例えば友達のパソコンでCubaseを使用する場合、
ショートカットが異なるため、作業に集中することができません。

ここで役立つのが「ショートカットの保存です」

ご自身のショートカットを保存して、友達のパソコンに読み込めば、
普段の環境で作業することができます。

ショートカットファイルは非常に軽いため、
USBに入れる、ネットストレージを使用する。

など、簡単に持ち運ぶ事ができます。

保存方法

キーボードショートカット保存

↑ 赤囲みの「フロッピーアイコン」をクリックします。

プリセット名を入力

写真のように名前をつけるウィンドウがでるため、任意の名前をつけます。

保存したショートカットファイルはパソコンの深い階層に保存されています。

  • Mac
    「ユーザー」→「ライブラリ」→「Prefererences」→「Cubase」→
    「Presets」→「KeyCommands」
  • Windows
    「ローカルディスク」→「Steinberg」→「Presets」→「KeyCommands」

この中のものを持ち運べばOKです。

応用 複数のショートカットを一度に実行 マクロ機能


オススメのスナップ単位ショートカット

※2分03秒〜より解説を行っています。
スナップの単位に対してもショートカットを割り当てることが可能です。
これにより「4分」「8分」「16分」などの音符を素早く切り替えることができます。